JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

ご相談宜しくお願い致します。 私は14年間新卒で医薬品会社のSalesをやっておりました。2009年中、うつ病で求

質問者の質問

ご相談宜しくお願い致します。
私は14年間新卒で医薬品会社のSalesをやっておりました。2009年中、うつ病で求職し、2010年に復職しましたが、半期ごとに2種復帰用と会社に用意された業務で事業所勤務をいたしました。
2011年度より物流課というところに異動になりました。
あまりの事 柄の変化に、まだうつ病ももしかしたら残っていたのかもしれませんが、仕事フォークリフトや力仕事などの内容はもちろん、職場での人間関係もよくすることがができませんでした。

2012年8月末から9月いっぱいかけ3度にわたり面談、期待するパフォーマンスが得られない、向いていないとのことで会社人事担当・一次/二次上長の3名より退職勧奨を受けました。

やめる意思はないと伝えた結果、別のSales関係等の業務を希望しましたが、現職のさらに下の等級の職務を任命され、また給料も基本給等は変わらずですが賞与分が大幅に削除されそのレベルで仕事をするよう指示されました。

しかし、フォークリフトや重量物をたくさんもつ力仕事が向いていず年齢は44歳ですがどこまでも続けられるものではありません。毎日ただただ体が疲れ、こころが悪くなりそうな状況です。

まずは自分のしたいことに対しての意志表示が肝要と思いますがなんらか可能性のあるいと口があればご教授ください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

お身体は大丈夫でしょうか。お大事にしていただけたらと思います。

 

会社の人事異動は人事権として認められている権利ですので、拒否をすることは業務命令違反となり懲戒処分の対象になりますので注意が必要です。誰もが自分のやりたい業務をできるわけでないのは会社に人事権が認められているからです。

ただしご相談者様の場合は以前にうつ病を発症され休職した経緯がおありとの事ですので、それが悪化や再発をしないように配慮する義務が会社にあります。(安全配慮義務)

 

今従事している業務がご相談者様のお身体や気持ちに悪影響を与えるものであれば、会社に対して安全配慮義務の履行、すなわち配置転換や残業なしにするなどの要求をすることができます。

会社との話し合いでご相談者様のご要望が受け入れられればベストですが、会社によっては対応してくれないところもあるでしょう。

会社が対応してくれずに傷病や疾病が再発・悪化した場合には安全配慮義務違反の責任を追及することができます。

また、安全配慮義務の履行(配置転換等)を求める主張をすうrこともできます。

会社の責任を追及したり、安全配慮義務の履行を求める手段としては

(1)あっせん

(2)労働審判

があります。

 

 

【あっせん】

都道府県労働局に申し立てをし、あっせん委員と呼ばれる専門家が労使双方の主張を聴き、和解案を提示してくれる国の制度です。費用はかかりませんし、弁護士などの専門家を依頼する必要もありません。

申立ては、労働基準監督署内の総合労働相談コーナーでも受け付けてもらえます。

ご参考までに、以下に千葉労働局のあっせんに関するページのURLを添付させていただきます。

http://chiba-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/hourei_seido/kobetu.html

 

 

【労働審判】

労働審判は地方裁判所に申し立てを行います。申し立てをすると、労働審判官(裁判官)と労働審判員(弁護士などの専門家)が労使双方の主張を聴き、証拠の確認を行い、原則3回以内の審理で、調停や審判で解決を図ってくれる国の制度です。

裁判ではありませんので、弁護士を依頼する必要はありません。当事者には参加義務があるので、労働者が申立てをすれば、会社側は労働審判への参加を拒否できません。

調停や審判に双方が合意して和解すると、その内容は裁判の判決と同等の効力を持ちます。

提示された審判に最終的に労使双方もしくは片方から異議申し立て(その審判は受け入れられない、という不服)がなされると労働審判は打ち切りとなり、通常の訴訟に自動的に移行する、という仕組みです。

ご参考までに、裁判所ホームページの労働審判のURLを添付させていただきます。

【労働審判制度とは】

http://www.courts.go.jp/saiban/wadai/2203/index.html

 

【労働審判手続き】

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_02_03/index.html

 

【労働審判手続きの必要書類】

http://www.courts.go.jp/saiban/qa_minzi/qa_minzi_48/index.html

 

会社との話し合いで解決しないケースの場合はこれらの手段を用いる事で、第三者に間に入ってもらって解決を図る事となります。これらの場で、配置転換等の配慮を求めていく事ができます。

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

お世話になります。

回答をご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

ご評価をいただいていないようですが、回答にご不明な点がございましたでしょうか?ご不明な点がございましたら、何なりとご返信いただけたらと存じます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

雇用・労働 についての関連する質問