JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

ボーナスについて伺います。小生、定年退職日が11月30日で、支給日が土日をまたいだ、12月3日月曜9時でした

質問者の質問

ボーナスについて伺います。 小生、定年退職日が11月30日で、支給日が土日をまたいだ、12月3日月曜9時でした。 嘱託になったのですが、査定は10月までの半年間で完了していました。 本日、あなただけはボーナスがありません。支給日が12月3日なので、退職になっていますから。 残ってくれと嘱託になりましたが、査定内にざいせきしたのに、1日違いでボーナスがないと言われました。 ボーナスは仕事の成果として、皆と同じように頂けないのでしょうか。 N

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

早速、回答させていただきます。

 

賞与(ボーナス)については労働基準法上に明確な定めはなく、その支給対象者、支給時期、支給額等は会社が独自に決定することができるものとされています。

どこにそのような定めがしてあるかというと就業規則に定めてあります。

貴方が賞与を請求できるか否かは貴方の会社の就業規則にどのように定めてあるかによります。

そこに「賞与の支給対象者は賞与支給日に在籍している者に限る」というような定めがしてあれば、今回賞与を請求することは難しいと言わざるを得ません。

反対にそのような定めがしていない、もしくは定年退職者については例外として賞与支給日に在籍していなくても支給する、などの定めがしてあれば、貴方は賞与を請求することができます。

就業規則に定められた賞与は労働基準法上の賃金と解されますので、それでも会社が支払いに応じないのであれば、行政に介入してもらうことになります。

その場合の申告先は会社の住所地を管轄する労働基準監督署です。

 

まずは>あなただけはボーナスがありません。と会社が言うのであれば、就業規則のどこにそのような根拠となる条文があるのかを求めてください。

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

こんばんは。

回答をご覧いただき、ありがとうございました。

まだ評価をしていただけていないようですが、ご不明な点、説明不足だと思われる点などありましたら、ご返信にてご指摘ください。

再度回答させていただきます。

何卒よろしくお願いいたします。

雇用・労働 についての関連する質問