JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1050
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

健診センターで放射線技師として働いています。センター長のパワハラで悩んでいます。 以前、放射線技師の上司に向かって

質問者の質問

健診センターで放射線技師として働いています。センター長のパワハラで悩んでいます。
以前、放射線技師の上司に向かって「ただボタン押してるだけの仕事だろーが」と罵声をはきました。
同業種の私も同じように見られているんだととても嫌な気持ちになりました。
またあるときは、事務所に入ってきて早々、「おい、◯◯(上司の名前)。文句があるからちょっとこっち来い!!」と。。。
また、最近は受付をしている私の同僚に「今度、営業の者が1人退職するから◯◯さんが代わりに営業の仕事についてもらう。これは上司命令だ。従わないなら辞めてもらう」と一方的に言われていました。
同僚は「受付担当」として契約して契約書も交わしてるのに一方的に決められて、それも「申し訳ないけど」の一言もなく上から物申されて泣きそうになっていました。
今のセンター長になってから明らかに職場の雰囲気も悪くなってると思います。
みんなも「早くセンター長変わって欲しい」と言っています。
何か解決策はありますか?
法律で裁くことはできますか?
よろしくお願い申し上げます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

こんばんは。雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。回答は下記の通りとなります。分かりやすい回答を心がけていますが、ご不明点等ございましたらお気軽にご返信ください。

 

センター長のパワハラで職場の方がお悩みとのことでご心痛のことと拝察申し上げます。

 

パワハラは人格権の侵害となります。その判断基準は業務上の必要性や目的、労働者の被る不利益などです。

 

解決方法としては特定の一人へのパワハラではないので、職場のできるだけ多くの方と協力することです。そして、パワハラの場合はいかに証拠を集め記録化していくかが大事です。記録化以外には目撃情報などの証言も大事です。この場合、証言の人数が多ければ多いほど信憑性が高まります。

 

・「ただボタン押してるだけの仕事だろーが」という罵声。

・事務所に入ってきて早々、「おい、◯◯(上司の名前)。文句があるからちょっとこっち来い!!」という発言。

・受付担当への命令(この命令は内容を詳しく聞かないと判断できませんが、取り消せた可能性があります)

 

こういった行為の記録化と証言をできるだけ集めることです。証拠が少なければ通常の部下への叱責の範囲内という判断をされてしまうかもしれません。詳細なメモをとることも有効です。何月何日の何時何分頃に誰が誰に対してどのように言ったとかできるだけ詳しく書いたほうが良いです。

 

また、使用者には労働契約法5条「使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする」により就業環境配慮義務があります。なので、使用者責任を問うことも可能です。

 

解決を図ることができる機関はいくつかあります。

 

●社内通報窓口

メンタルヘルスへの意識の高まりから設置している企業も増えているのですが、ヘルプラインなどの社内通報窓口(呼び方は会社によっていろいろです)への通報です。

 

●人権擁護委員会への申立て

法務省や弁護士会には人権擁護委員会がありパワハラがあることを申立てることができます。

 

●労働局のあっせん
労働局の紛争調整委員会による「あっせん」とは、相対立する個々の労働者と使用者との間に弁護士、大学教授などの学識経験者である第三者が入り、当事者双方の事情を聴取、整理、相互の誤解を解くなどして、当事者双方の話し合いによる紛争の解決を目指す制度です。

東京労働局のホームページ
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/_84171/roudou-soudan/3.html

労働局は各都道府県に必ず1つあります。


●あっせんのメリット
①非公開
②手続きが裁判ほど難しくない
②迅速な解決が期待できる
③本人が手続きすれば無料(特定社会保険労務士に代理を依頼すれば費用発生)


●あっせんのデメリット
①強制力がない(相手側があっせんの参加を拒否したり、参加しても和解案に応じる義務がない)

 

●労働審判とは
労働審判官1名(裁判官)と労働審判員2名(民間の労使の専門家)で構成される労働審判委員会が個別労働紛争を審理して調停による解決を目指します。原則、3回以内の期日で審理は終了します。調停が成立しなかった場合は審判が出されます。
審判が出ても紛争の当事者が納得出来ず、異議の申立てがあれば通常の裁判に移行します。
労働審判の申立ては地方裁判所にします。

裁判所のホームページ
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_02_03/index.html


●労働審判のメリット
①裁判に比べると迅速な解決が期待できる
②事案の実情に即した柔軟な解決が期待できる


●労働審判のデメリット
①通常の裁判に移行すると二度手間となる
②弁護士に代理を依頼すれば費用が発生


●あっせん→労働審判
あっせん不成立の場合、労働審判又は裁判に進むことができます。最初から労働審判又は裁判をすることもできます。

専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

こんにちは。雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

 

先日はご質問の投稿ありがとうございました。その後、ご状況に変化などありましたでしょうか。

まだ評価をいただいておりませんが、こういったところを重点的に説明して欲しいとかご不明点があればご返信ください。

 

お役に立てるように再度、回答させていただきます。

 

与えられた情報を元にできる限りの回答をさせていただきますが、勝てるかどうかということですとやはり証拠や証言が大事です。

 

よろしくお願いいたします。

雇用・労働 についての関連する質問