JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

ある全国展開している病院に医師として勤務しているのですが、就職時に覚書としてアルバイトの禁止という書式を提出させられ

解決済みの質問:

ある全国展開している病院に医師として勤務しているのですが、就職時に覚書としてアルバイトの禁止という書式を提出させられました。最近出費が かさみ土、日曜日の就業時間外にバイトを始めました。どうも病院側は私のメールアドレスを開いて私の予定を把握しているようで(メールを読まれているという確証はあります)日々の勤務中などにアルバイトをしていることを示唆する言葉を発したり、アルバイト先に赴く交通機関を利用している最中に同様なことをそます。いっさい無視を決め込んでいて今のところは事なきをえていますが相当な精神的苦痛を蒙っております。どのように対処したらよいか助言いただけるとありがたいです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご相談ありがとうございます。

まず、使用者が労働者に対してアルバイトを禁止をするには就職時に覚書を提出させるだけでは足りず、就業規則に定めておく必要があります。

そのような覚書は訓示的、抑止的な効果しかもたないでしょう。

仮に就業規則に定めてあったとしても、そもそも勤務時間以外の時間をどう使おうが労働者の自由であり、また、憲法で定められた「職業選択の自由」に反することになりますので、なんでもかんでもアルバイトを禁止にすることはできません。

一方、労働者にも労働契約に付随して職務専念義務がありますので、アルバイトをすることによって、本業がおろそかになったり、遅刻、欠勤が多くなった、または競業会社で勤務することによって会社に損害を与える可能性があるなどの場合はアルバイト禁止が有効とされた判例もあります。

貴方のアルバイトが土、日曜日限定で病院には一切迷惑をかけていないのであれば、その旨を病院に報告し、堂々とアルバイトをされていかれてはいかがでしょうか。

病院側の言動が貴方がアルバイトをしていることをすでに知っていて、回りくどくアルバイトを辞めさせるようにしているのか、または、まだ貴方がアルバイトをしていることの確証がないのでそのようなことをしいるのか分かりませんが、はっきりさせておいたほうが、>私のメールアドレスを開いて、などの行動もなくなり貴方も精神的な負担がなくなるのではないでしょうか。

ちなみに>私のメールアドレスを開いて・・・というのが個人のメールアドレスであればもちろん大問題ですが、病院で使用しているメールアドレスであれば、就業規則にその旨の定めがあり、正当な理由のもとに行っているのであれば、問題ないとされています。

質問者: 返答済み 4 年 前.

就業規則は細部を確認してみます。


また私が問題にしているメールアドレスは私個人のもので現在は私個人のPCを使いアクセスしインターネット接続も個人のものです。以前に病院のPCからこのアドレスを開いたことはあると思います。その際パスワードを記録されるということはあるのでしょうあか。もちろん現在はパスワードは変更しています。

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

大変恐れ入りますが、>その際パスワードを記録・・・に関しては「雇用・労働」のカテゴリから外れてしまい、こちらでは回答させていただくことができません。

「IT・インターネット」のカテゴリになると思いますので、改めてそちらでご相談していただければと思います。

 

宜しくお願い申し上げます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

就業規則はまだ確認していないのですが業務時間外の一切のバイトを禁止することはできるのでしょうか。

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

こんばんは。

 

前回の回答で申し上げました通り、業務時間以外の時間をどう使おうが労働者の自由であり、また憲法で定められた「職業選択の自由」に反することになりますので、一切のアルバイトを禁止にすることはできないと考えられています。

よって、就業規則でアルバイトについて定めてある場合は、「アルバイトは一切禁止」などと定めるのではなく、「アルバイトは許可制とする」というように定めているところが多いようです。

つまり、アルバイトについては労働者から事前に申請をさせて、それに対して使用者が許可をするという形です。

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

回答をご覧いただき、ありがとうございました。

まだ評価をしていただけていないようですが、ご不明な点、説明不足だと思われる点などありましたら、ご返信にてご指摘ください。

再度回答させていただきます。

何卒よろしくお願いいたします。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

回答をご覧いただき、ありがとうございました。

まだ評価をしていただけていないようですが、ご不明な点、説明不足だと思われる点などありましたら、ご返信にてご指摘ください。

再度回答させていただきます。

何卒よろしくお願いいたします。

雇用・労働 についての関連する質問