JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 416
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

35名が勤務する会社営業所の所属長をしております。 職種はルートセールス、事務、商品管理、運転助手、監督職で構成してます そのうちアルバイト商品管理について相談です。 勤続は

解決済みの質問:

35名が勤務する会社営業所の所属長をしております。
職種はルートセールス、事務、商品管理、運転助手、監督職で構成してます
そのうちアルバイト商品管理について相談です。
勤続は平成14年2月18日〜10年10ヶ月 1日の労働時間は13時〜17:45週5回
雇用保険のみ加入の47才男性です。
率直に言いますとほとんど仕事をしません…
倉庫内を徘徊し、ダラダラ時間を費やします。(何日か録画で記録を撮りまし た)
アルバイト雇用契約書は2ヶ月ごと自動更新としています。
当初は永年の勤務実績から職種変更(運転助手)を促し、時給は900円と下がりますが
勤務時間は9時〜17:30と延び収入は増えると伝えても応じてもらえず
7、8月からここまでは最低限、仕事を完了させるよう再三、指導、通告してまいりました。
しかしながら変化もなく最終警告をしてその後、一緒に仕事をしましたが、
一緒に仕事をした時のみ、仕事を満了でき能力があるにもかかわらず、
1人の場合はやりません。
他に商品管理は2名おり、仕事量の比較もできる事から無理な量ではありません。

永年勤続をしてはおりましたが、水を流したままの清掃をしており、かなり変わった風貌でも
あることから歴代の所長は腫れ物を触るように関わりを避けていました。
水を止めさせ清掃ではなく本来の雇用形態である商品管理をさせてから仕事内容に
さらなる問題点となった形です。(水道代は2ヶ月で3万円減りました)

急な退職でなく最終通告から再度、契約した約4ヶ月後に契約打ち切り
会社都合で構わないと言っても社内の書面(退職届)に一切、署名をしません。
(退職理由は契約期間満了)
逆に理由の書かれていない退職勧告書にサインをしろと一方的です。
どうやってら辞めてもらえるでしょうか?
現場では解雇としては考えておりません。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 4 年 前.

大変な状況の中御相談下さいまして誠に有難うございます。

 

御相談の件ですが、労働契約につきましては使用者(会社)と労働者の双方の合意によって初めて成立するものです。

 

有期雇用契約の場合ですと、双方合意の上で契約期間が決められていますのでその間に辞めて貰うとなれば解雇になります。しかしながら、契約期間終了時点で会社側が更新しない、つまり労働者との契約に合意しなければ契約期間満了で労働契約は終了し退職ということになります。従いまして、原則としまして労働者の署名等は必要ございません。

 

以上が原則ではありますが、この方のように10年以上も契約更新を重ねていますと、事実上有期雇用とは言い難く、それ故単に契約期間満了で退職とはならない可能性が高くなります。その場合は、無期雇用契約の終了と同様の取り扱いになりますので、どうしても辞めてもらいたい場合には合意の上退職してもらうか、形式的には契約期間満了ですが実質的には会社都合による退職すなわち解雇と同様の取り扱いになるか、いずれかという事になります。

 

御相談のケースですと、労働者本人の希望通り退職勧告書にサインし、本人も自発的にこれに同意すれば一種の退職勧奨としまして雇用保険上の取り扱いでは会社都合退職にはなりますが、辞めてもらうこと自体は可能です。

 

或いは、もう既に何度も仕事が出来ない事について注意指導も行ってきているようですので、そうした記録等がしっかり残っているようであれば普通解雇で対応されても特に問題はないものと考えられます。

 

いずれにしましても、労働者本人に退職の意思があり、様式はともあれそうした意思を確認出来る書面を取っておきますと、退職は有効になります。会社都合でもよいということであれば、文面を拝見する限り様式にこだわらなくともよいものといえるでしょう。但し、正規の退職届に署名しない等一連の経緯につきましては、会社側の手続きの不備と思われない為にもきちんと都度記録を残してくことが重要です。

jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問