JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

はじめまして、千葉県在住で、都内で働いていた、Aといいます。 2007年2月より、文京区にある編集・校

解決済みの質問:

はじめまして、千葉県在住で、都内で働いていた、Aといいます。  2007年2月より、文京区にある編集・校正プロダクション(以下、事務所)から「個人請負」として、文京区にある「大手印刷会社」へ派遣され、「客先常駐」の校正者として、他の2名とともに(合計3名)、月曜日から金曜日まで、10時から18時まで「場所」と「時間」を指定され(拘束を受け)、働いていました。  さらに、作業現場では、大手の印刷会社の編集担当者より、「校正・校閲依頼書」「校正マニュアル」を使い、作業内容、納期など具体的な作業の指示を受けていました。作業内容が複雑な時や厳しい納期の場合はさらに、口頭で指示を受けて校正作業をしていました。  2012年9月19日にその大手印刷会社の「校正態勢の見直し」があり、「現在、在籍している3名の内、私を交代して、別の方にしてほしい」との申し出がありました。この申し出を受け、9月27日に事務所で打ち合わせをすると、大手印刷会社での業務態度が悪い(昼休みの休憩時間が長い、勤務時間中に離席が多いなど)の理由で、9月28日以降で「君の仕事はない」との通告を受けました。 「個人請負」とはいえ、あまりにも理不尽で横暴な言動だったので、類似のケースはないかと調べた所、 形式的に「個人請負」であっても、働く場所と時間の拘束を受け、派遣先から作業の指示・監督をうける場合は実質的には「労働者」として扱われる、ということ知りました。 そこで、事務所に対して、11月8日に(1)私の作業実態は「個人請負」ではなく、「労働者であった」ことを認めること。(2)9月27日の「不当解雇を白紙撤回すること」の2項目からなる「要求書」を提出しました。 11月15日に事務所の代表取締役との面談の後、事務所側は、代理人として弁護士を選任し、11月20日付けで、(1)私との契約は業務委託契約であって、雇用契約ではない。(2)校正業務の際は大手印刷会社から「簡単な書面」によってなされていて、具体的な指揮命令はなかった、(3)事務所側は弁護士との面談により、円満解決をしたい、という趣旨の「回答書」をもらいました。 私の「要求書」から程遠い「回答書」だったので、事務所の「労基法違反」と「偽装請負」(労働者派遣法違反、労働者供給事業法違反)を所轄の労働基準監督署に「告発」の準備を進めています。 前置きが長くなりましたが、ここからが、質問になります。 (1)私の法的な動き(=労基署への告発)はこれで良いのか? (2)個人が、弁護士を相手に「労働問題」を争うには、限界もあるかと思っています。 そのため、合同労組などの「労働組合」に入り、団体交渉をした方がよいのか? お忙しい所、大変恐縮ですが、ご回答をお願いします。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

お世話になります。よろしくお願いいたします。

 

 

既にご相談者様がご存知のように、業務委託(請負)は指揮命令下に置かれることなく、作業の進め方や業務の時間などは受託者の裁量に任せられる事となっています。そのためご相談のケースでは、指揮命令下にあったということですので労働者としての地位確認をすべきであり、ご相談者様の法的な動きとして何ら問題はございません。

 

そして労働組合などに入り団体交渉した方がよいのか?とのご相談ですが、それも選択肢の一つです。団体交渉によってご相談者様の主張を通しやすくなるのはもちろんのこと、ご相談者様の精神的負担も軽減されるからです。

地域ユニオンをお探しになって加入して団体交渉されるのはお勧めできます。特定のユニオンをご紹介することはできませんが(サイト規約のため)、「地域ユニオン」「〇〇(〇区、〇市など場所)」で検索すれば数件ヒットすると思います。

 

出来うるならば、ご相談者様も弁護士に代理を依頼して、裁判や代理交渉で労働者としての地位確認をされるのがよろしいかと存じますが、時間的金銭的な負担もあり、現実的な対応としては労働組合への加入による団体交渉がベストの選択かと思われます。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問