JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 934
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

お世話になります。 中途採用者の著しい業務の能力不足による解雇予告通知を本人へ送った場合、社員から不服申し立て

質問者の質問

お世話になります。

中途採用者の著しい業務の能力不足による解雇予告通知を本人へ送った場合、社員から不服申し立てや退職はしない、との発言があった場合、解雇の手続きは自動的に中断するのでしょうか。
30日以上の期間をもって、本人に手渡しで解雇予告通知を渡しています。
正式に会社には解雇通知の撤回をもとめる発言、メール、文書は届いておりませんが、同僚に不当に解雇されるなどいろいろとメールを送ったり、親会社にメールしたり しています。

そこで教えていただきたいことは、
解雇予告通知を送ったあとで、通知書は受け取ったが解雇日が中断するのは、どんな内容の連絡、行動があった場合でしょうか。労基からあっせんや、外部労働組合に加入して労使交渉をいってこられたら、解雇の効力は中断するものなのでしょうか。それとも会社は予告した日が来るまで、そのままでよいのでしょうか。

また、予告日が来たら翌日に離職届を提出したり、通常の退職手続でよいものなのでしょうか。

会社にとって初めての解雇をしなければならない事態となり、ご教示いただけましたら大変助かります。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
解雇予告通知交付後に、不服申立て等の手続きにより、その効果が中断する
ことはありません。
あっせんや、労使交渉、あるいは訴訟となった際に、任意で撤回に応じるケースを
別にして、法的な結論としては、解雇そのものが解雇権の濫用として無効と判断され、
引き続き従業員の地位が認められるか、それとも、有効と認められ、予告通りの解雇で
問題無い判断されるかのいずれかです。


質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のご回答をいただきありがとうございます。


それでは、通知に記した期日がすぎれば、社保やハローワークなどで


おこなう退職手続きをして構わない理解でよろしいでしょうか。


解雇後に、あっせんや調停、裁判などで解雇無効となり、従業員の地位を復活させるよう命令がでるまでは、予告通知後解雇日までの期間に、相手が何を言ってきても、期日が中断するということではないということですね。しつこくお聞きしてすみません。

専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
その通りです。
解雇予告の期間は、従業員に対しての最低限の生活保障の観点から設けられている
ものであり、異議申立てのためのものではありません。このことは、解雇予告手当を
支払えば、即時解雇が認められていることと併せて考えて頂ければ、理解しやすい
かと思います。
houmuをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございました。


わかりやすく明確に回答をいただき大変助かりました。


今後ともどうぞよろしくお願いします。

専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
お役に立てまして幸いです。

雇用・労働 についての関連する質問