JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

平成25年3月にAを退職いたします。失業保険を会社都合で受給するためには月45時間以上の残業3ヶ月があれば可能

解決済みの質問:

平成25年3月にAを退職いたします。失業保険を会社都合で受給するためには月45時間以上の残業3ヶ月があれば可能と聞きました。運送業もあてはまるのでしょうか?(36協定結んでいます)

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

お世話になります。よろしくお願いいたします。

 

回答させていただけたらと存じます。

 

運送業でも該当いたします。

特定受給資格者(俗にいう会社都合での離職者)について、厚生労働省令では、特定受給資格者となる労働者の離職理由について規定しており、その中の一項目として次の文言があります。

 

「離職の日の属する月の前3月間において労働基準法36条1項の協定で定める労働時間の延長の限度等に関する基準等に規定する時間を超える時間外労働が行われたこと等」

 

つまりご相談者様のお勤め先の36協定で、1ヶ月の残業上限を45時間に設定されており、なおかつ退職の前3月間(つまり平成24年12月~平成25年2月)全ての月で45時間超の残業を行っていれば、ご相談者様のおっしゃる通り、会社都合での退職(特定受給資格者での退職)となります。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご丁寧かつ的確な
ご回答に感謝致します。

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

お力になれて、よかったです。

こちらこそ、ありがとうございました。

雇用・労働 についての関連する質問