JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

はじめまして。 私は現在、社会保険労務士の元でパートで働いているものです。 その社会保険労務士の先生ご本人が毎日

質問者の質問

はじめまして。
私は現在、社会保険労務士の元でパートで働いているものです。
その社会保険労務士の先生ご本人が毎日セクハラ をしてきます。
「やめてください」と何度懇願しても、取り合って頂けません。
そして、本日、その先生から「君がいることで、経費が18万も無駄にかかっている」
「時給800円だが、それ相当の仕事をしていない」「経営者としての責任で君を雇っている」
等と言われ、セクハラに耐えながら、一生懸命働いて来た私に追い討ちをかけらる言動を言われ
精神的に参ってしまいました。
労働基準監督署に相談しとうと思いましたし、セクハラが続くので本人にも忠告したのですが
「取り合ってもらえるはずはない」と言われています。
泣き寝入りするしかないのですか?
社会保険労務士の先生でありながら、こういう言動行動される方がいることに驚愕しています(涙)
助けて下さい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

同業者がそのような事を。申し訳ございません。

 

セクハラを官庁に届け出て「取り合ってもらえるはずはない」ということはありません。相談先は、広島労働局の雇用均等室になります。

 

【広島労働局ホームページ・雇用均等室】

http://hiroshima-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/roudoukyoku/gyoumu_naiyou/koyou.html

 

 

ただし相手が社労士ですので、「証拠がない」とタカをくくっている可能性があります。当然、セクハラを受けているとなれば、証拠が必要です。そうでなければ冤罪が成立してしまう危険性があるからです。

そこでご相談者様が取り急ぎ準備されるものとしては、今まで受けたセクハラやパワハラまがいの行為について、メモなどの形で紙に書き出してください。(覚えている範囲で結構です。)「いつ」「どこで」「誰に」「どういわれた(された)」を紙ベースに記載して下さい。

さらにICレコーダーなどで、セクハラやパワハラ発言の内容を録音するように手配していただけたらと存じます。証拠があれば相手が社労士であろうと責任追及できます。

録音や今までの経緯のメモが準備できましたら、先述の雇用均等室に相談して届け出て下さい。

 

分野外になりますので詳細な回答はできませんが、証拠さえきちんと揃えば、裁判に訴えることも可能です。とにかくセクハラを認めさせるには証拠の収集が必須です。

雇用均等室への相談や裁判以外では、「労働審判」という手段もあります。労働審判を申し立てて、慰謝料請求等をすることも可能です。

 

【労働審判】

労働審判は地方裁判所に申し立てを行います。申し立てをすると、労働審判官(裁判官)と労働審判員(弁護士などの専門家)が労使双方の主張を聴き、証拠の確認を行い、原則3回以内の審理で、調停や審判で解決を図ってくれる国の制度です。

裁判ではありませんので、弁護士を依頼する必要はありません。当事者には参加義務があるので、労働者が申立てをすれば、会社側は労働審判への参加を拒否できません。

調停や審判に双方が合意して和解すると、その内容は裁判の判決と同等の効力を持ちます。

提示された審判に最終的に労使双方もしくは片方から異議申し立て(その審判は受け入れられない、という不服)がなされると労働審判は打ち切りとなり、通常の訴訟に自動的に移行する、という仕組みです。

ご参考までに、裁判所ホームページの労働審判のURLを添付させていただきます。

【労働審判制度とは】

http://www.courts.go.jp/saiban/wadai/2203/index.html

 

【労働審判手続き】

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_02_03/index.html

 

【労働審判手続きの必要書類】

http://www.courts.go.jp/saiban/qa_minzi/qa_minzi_48/index.html

 

証拠が揃えば、まずは雇用均等室への相談です。

その対応にも納得がいかないようでしたら、労働審判や裁判といった手段もご検討すべきかと存じます。

雇用・労働 についての関連する質問