JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

ちょっと気になったことがあるので教えてください。 例えば、従業員を正社員として雇用し、雇用状態を維持しつつ、大学(

解決済みの質問:

ちょっと気になったことがあるので教えてください。
例えば、従業員を正社員として雇用し、雇用状態を維持しつつ、大学(例えば夜間)の学部生として勉強してもらい、且つ会社でも通常業務をおこなうこと とした場合において、大学で授業を受けたり研究をしたりすることにより学士の資格を取得することが会社からの実質的な業務命令であるとすると、授業や研究に費やす時間は労働時間に該当しますか。すなわち、一般的な8時間勤務に加えて業務命令で夜間大学へ行かせた場合、学費等の会社からの提供は義務で大学にいる時間は残業時間にあたりますか?また、同様の前提で定時制高校に行かせて高卒資格を取得させる場合はどうなりますか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

お世話になります。よろしくお願いいたします。

 

「業務命令」である以上、大学や高校で勉強させる時間も、労働時間とみなされます。労働者にとって勉学が「業務命令」による業務遂行、となるからです。

会社の指揮命令による行為は、労働時間となります。休日に社員研修を行い、社員を強制参加させる場合は休日労働手当(休日出勤の手当)を支払わなければならないのと同じ理論です。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

お世話になります。回答をご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

専門家としてご相談者様のご質問に全て回答させていただきましたが、ご不明な点がございましたでしょうか。

回答にご不明な点がございましたら、何なりとご返信いただけたらと存じます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

雇用・労働 についての関連する質問