JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

主人のことでご相談します。主人は寿司職人です。 29年9か月努めた(内14~15年店長職で尽力)会社(店)を9月末

質問者の質問

主人のことでご相談します。主人は寿司職人です。
29年9か月努めた(内14~15年店長職で尽力)会社(店)を9月末に自律神経失調症で退職しました。会社には退職金規定がないらしく、一円の退職金もでません。昨年発症した時に4か月休職しました。その後会社からの復帰要請もあり通院しながらの1月復帰をしましたが3月悪化し、4月から一般職におろして頂き、勤務時間も短縮勤務にして頂き ましたが、会社の都合で急遽7月から元の勤務状態に戻らねばならなくなりました。結局無理がたたり9月に悪化しやむなく退職しました。健康保険が社会保険ではなく国保の組合の為、休業補償制度がなく、昨年4か月休職した時に1か月はまるまる、3か月は基本給の半分支給されました。それを持って社長は「やることはやってやった」と言っています。解雇になった訳ではないので退職も自己都合です。主人はいま精神科に入院しています。会社の為に体を壊してやむなく退職したのに見舞金はおろか退職金も一銭もないでは主人が可哀想すぎます。何とかならないでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

お世話になります。よろしくお願いいたします。

ご主人様のお身体は大丈夫でしょうか。お大事にしていただけたらと存じます。

 

 

まず退職金という制度についてですが、退職金とは法律で定められた制度ではありません。そのため退職金がない、という会社も多数存在します。そしてそれは違法ではありません。退職金制度がない会社にお勤めであったのならば、退職金が出ない事に対して支払を請求することはできません。

 

ただし「会社の為に体を壊して・・・」との事ですので、自律神経失調症の発症は仕事が原因、という認識で回答をさせていただきます。

仕事が原因、つまり「業務上」発症した傷病や疾病は、労災の対象になります。労働者を一人でも使用する事業は、労災に強制加入する義務があります。(労災法3条1項)

 

当然、ご主人様が勤務されていた会社も労災に強制加入の事業となります。

労災認定されれば治療費や休業補償が受けられるようになり、その請求の時効は2年(労災法42条)となっておりますので、昨年の休業期間の請求権もまだ残っております。(会社が休業補償した部分については支給されません。不足額があれば支給されます。)

 

その後の状況によっては傷病補償年金や障害補償年金に切り替わる可能性もありますので、労災申請することをご提案差し上げます。

 

労災請求の用紙は、労働基準監督署でもらえます。そして提出先も労働基準監督署になります。まずは精神科の主治医に相談して、自律神経失調症の原因は仕事かどうか、を確認してください。そのうえで、「業務上発症した、という内容で診断書を書くよ」と返事がもらえたら、労働基準監督署でもらった労災請求書の意思意見欄に記入をしてもらって、労働基準監督署へ提出して下さい。あとは認定の結果待ちとなります。

 

見舞金や退職金という制度は、会社が就業規則で定めていない以上は法的義務がありませんので、法的義務のある労災で治療費や休業補償などの金銭的補償を受けるようにしていただけたらと存じます。

雇用・労働 についての関連する質問