JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

某海外有名ファッションブランド銀座店に勤めて15年弱。来年一月で定年を迎えます。先日人事と話をしましたら、継続雇用は

解決済みの質問:

某海外有名ファッションブランド銀座店に勤めて15年弱。来年一月で定年を迎えます。先日人事と話をしましたら、継続雇用は出来ないとのことでした。理由を尋ねると、自社で行っている能力発揮度調査書により私の能力はランク外とのことでした。勤務態度 は全く問題なく(丸一日の突発休無し、遅刻無し)、語学の能力は若いスタッフより発揮して売り上げに貢献しています。人事へは「どのような部分で能力が無いのかを書面にして欲しい」と依頼中で、一旦人事MGRに持ち帰ることで初回の話し合いは終了しました。このような対処でいいのかどうかをお聞かせください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

お世話になります。よろしくお願いいたします。

 

ご相談者様がされた対処でよろしいかと存じます。

先日の高年齢者雇用安定法改正で「65歳定年」の法案が国会で可決されました。しかしこれが施行されるのは平成25年4月からで、現状ではまだ60歳定年を迎えた労働者に対する会社の対応は、

①定年を65歳にする

②継続雇用制度を導入する

③定年を廃止する

この3つの中のどれかを実施すればよいことになっています。

このうち抜け道となっていて、ほとんどの企業が導入しているのは②継続雇用制度の導入、です。

これは60歳定年を迎えた労働者を継続雇用するかどうかは企業が判断して決めてよい(つまり制度だけあればよく、実際に継続雇用しなくても罰則はない)、という内容です。

 

ご相談者様が「書面で欲しい」と会社に請求したのは正解です。

なぜなら②継続雇用制度は、継続雇用すべき労働者の基準を定めて、労使協定を締結しなければならない、ことになっているからです。(高年齢者雇用安定法9条)

つまりお勤めの会社が②継続雇用制度、を導入しているならば「どのような人物を60歳以降も継続雇用するか」の基準を定めて、労働者代表と労使協定を結んでいるはずだからです。この労使協定を締結せずに会社の独断で「我々の会社は、継続雇用制度を導入して、その基準は我々がその時々に応じて決定する」としているならば、法律違反です。

 

法律違反である以上、会社がご相談者様の求めに応じなかったら、労働基準監督署へ申告して会社の違法行為を改善させ、継続雇用についてしかるべき対応をしてもらえるよう、行政に介入してもらう事が可能です。

申告する先は、お勤め先の店舗の住所地を管轄する労働基準監督署になります。

質問者: 返答済み 4 年 前.


回答ありがとうございます。一つ質問ですが、外資系ですので労働組合はありません。その場合でも「・・・その基準は我々がその時に応じて対応する」という法律違反に該当しますか?

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

外資系であろうと、日本国内で営業している事業所は日本の労働法規が適用されます。労働組合がない、との事ですが、「労働者代表」とは労働組合の事だけではありません。過半数の労働者を代表する者を選挙や挙手で選出し、その者と会社が労使協定を締結する必要があります。

ですのでご相談者様のお勤め先も当然この手続き(労使協定)から逃れることはできません。労使協定も無しに基準を勝手に設定することは高年齢者雇用安定法9条2項に違反します。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問