JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

3か月の試用期間中、1か月半で解雇を言い渡された。解雇の理由は、一身上の理由にしろと会社から迫られた。1か月半の解雇

解決済みの質問:

3か月の試用期間中、1か月半で解雇を言い渡された。解雇の理由は、一身上の理由にしろと会社から迫られた。1か月半の解雇は有効か?また、解雇の理由を一身上の都合にして退職届を出すことは?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

>一身上の理由にしろと会社から迫られた。とありますが、何か解雇を言い渡された理由が貴方にはありますでしょうか?

無断欠勤、勤務態度不良、営業成績不良など

質問者: 返答済み 4 年 前.

無断欠勤等はありません。ホテルの営業係りとして雇用されましたが、仕事はホテルのフロント等の仕事が主で、仕事には向いていないということで解雇を通知されました。

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

解雇は客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当と認められるものでなければ無効とされます。

これは試用期間中でも関係ありません。

客観的に合理的な理由とは就業規則上の解雇事由に該当しているか、社会通念上相当とは労働者の実情、過去の行い、他の従業員に対する処分との均衡や解雇手続きなどによって判断されます。

ご返信内容にあるように単に「仕事に向いていない」という理由での解雇は認められないと判断します。

会社もそれを分かっていて、解雇扱いではなく、自己都合退職扱いにしようとしているのでしょう。

解雇とは使用者からの一方的な労働契約解除のことです。

解雇であれば労働者から退職届を提出することはありません。

貴方が一身上の都合にして退職届を提出すれば、自己都合による退職になり、それまでです。

解雇を言い渡された労働者が取る選択肢は次の3つのうち、いずれかとなります。

①解雇を受け入れる。

②解雇を不当解雇として職場復帰を主張する。

③解雇が不当解雇であることを前提とするが、退職する代わりに金銭で解決する。

仮に①解雇を受け入れる場合は、適正な解雇手続きを請求することになります。

労働基準法第20条により、使用者は労働者を解雇しようとする場合においては、少なくとも30日前にその予告をするか、30日分以上の平均賃金を解雇予告手当として支払わなければならない、と定めてあります。

試用期間中であっても雇い入れから14日を経過している労働者に対してはこの手続きが必要です。

貴方が職場復帰や、自己都合で退職する代わりに金銭での解決をお望みであれば、ご返信にてご指摘ください。

再度回答させていただきます。

また、繰り返しになりますが、一身上の都合にして退職届を提出するとそれまでです。

絶対に退職届を提出しないことです。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問