JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
srleeに今すぐ質問する
srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 207
経験:  早稲田大学卒業 1999年社会保険労務士登録 産業カウンセラー ハラスメント防止コンサルタント
70981215
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

先月末まで派遣として働いていました。昨日派遣会社から離職票が届きました。 その離職理由が自己都合(一身上の都合)と

質問者の質問

先月末まで派遣として働いていました。昨日派遣会社から離職票が届きました。
その離職理由が自己都合(一身上の都合)となっていた事についてお聞きします。


9月3日から紹介予定派遣(6か月後に正社員化)で雇用されました。
職種はWEB制作業務で、経験の浅い私は、更新業務から徐々にWEBデザインを担当するということになっていました。
それでも自分はWEB制作業務はほぼ未経験で、やっていけるか不安なので辞退しようとしていたら、
派遣会社の担当営業に
「企業は経験がないことも承知 で雇用するので、きちんと指導してもらえます。大丈夫ですよ。」
と言われ、この派遣先で仕事をすることを決めました。

部署は入社日がWEB制作部門の設立日で、かなりあわただしい様子でした。
以前は制作会社に外注していましたが、社内で制作部門を立ち上げるとのことでした。
上司は主に外注していた会社から引き抜かれてきた方で、私と同じ日に入社となりました。
制作部門は当初私とこの上司の2名のみでした。

業務が始まってから自分は経験不足と知識不足、対応力の無さから、
与えられた業務が期待されている分がこなせていない事を痛感していました。

2か月目を過ぎた10月8日、「10月末で契約打ち切りにしたいと派遣先企業から申し出があった。」
と派遣会社から連絡が来ました。
契約打ち切りの理由は、業務が予想以上に忙しく、経験が浅い人間を育成することができない為とのことでした。

その週に、「低音障害型感音性難聴」というストレスが原因の病気になり、
医師から安静を心がけるよう言われましたが、契約が終了するまではと、通常通り業務を行いました。

ストレスの原因は、
契約打ち切りになったこと。
業務の量が多く、トイレにも行くのも憚られるような状態だったこと。
残業はしてはならず、その日の業務量にかかわらず、時間内に終わらせなければならない事。
時間に間に合わず、上司から注意されることがしばしばあったこと。
などの業務に関係する事の他にも、

オフィスが狭く、人が一人通るのもやっとの状態であること。
営業の人数が多く、自分のデスクのすぐ後ろで営業の新人研修が大きい声で行われていたり、電話営業の話し声、怒号が飛び交うような状態だったこと。
常にトランス音楽が流れていること。
が大きな原因だったというふうに感じています。

派遣会社から契約終了後すぐに働けるよう、他の仕事も紹介されましたが、
紹介される案件が自宅から遠い(電車+徒歩で2時間ほど)ばかりだったのと、
休養したい為、しばらく仕事の紹介は止めておいてほしい、と断りました。

契約最終日の10月31日、突然部長に呼び出され、
「やはりこれからも続けてほしい。明日からまたお願いします。」
と言われたのです。
しかし、気持ちの整理がつかない事、病気の事があるのでしばらく休養したい。
と、残る気持ちが無い事を伝えました。


以上の事から、
離職票の離職理由は (2)労働者の個人的な事情による離職 一身上の都合
となってしまうのは妥当でしょうか。
宜しくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  srlee 返答済み 4 年 前.
ご質問ありがとうございます。

体調がお悪いとのこと、まずはお大事になさってください。わたくしごとですが、同じ病気の経験があります。

「自己都合」と書かれた離職票の離職理由に納得がいかないのですね。ご心痛、お察し申し上げます。

契約期間が、当初紹介予定派遣で6ヶ月だったのが、その後、10月末までの契約期間に変更になったということですが、派遣会社から変更になった分の契約書(または雇用条件通知書)はもらっているでしょうか。もらっていない(契約書にサインしていない)ようでしたら、派遣会社に言って、もらうようにしてください。

その契約書の雇用期間の 終わりの日まで勤めたということですから、離職票の離職理由は「労働契約期間満了による離職」が正しいということになります。

まず、離職票に書かれた離職理由は、実態と違うので、訂正してほしい旨、派遣会社に伝えてください。

派遣会社が訂正に応じてくれないときは、もらった離職票を持ってもよりの公共職業安定所(ハローワーク)に出向き、離職理由に異議があることを伝えてください。今回の離職票だけでは期間が足りないので、失業給付は出ないと思いますが、前後のお仕事の状況では、この離職票が生きてくる可能性もあり、給付制限がかかるかどうかの判断に影響しますので、離職理由は大切です。

届いた離職票の右下に「離職者本人の判断」という欄があり、離職理由について異議が「有り・無し」のどちらかに丸をつけて署名捺印するようになっています。現状、ここにはおそらく会社の印が押してあると思いますが、「有り」に◯をつけて持って行ってください。安定所で会社に連絡をとって、事実関係を調べてくれます。
srleeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  srlee 返答済み 4 年 前.
プラス評価をいただき、まことにありがとうございました。
今後、雇用・労働分野で疑問点や困ったことがありましたら、またご質問ください。できるだけお力になりたいと存じます。

雇用・労働 についての関連する質問