JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
srleeに今すぐ質問する
srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 207
経験:  早稲田大学卒業 1999年社会保険労務士登録 産業カウンセラー ハラスメント防止コンサルタント
70981215
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

名古屋市のAセンターに勤務する者です。使用料などの収入があり、翌日始業前に前日の収入を確定させる業務があります

質問者の質問

名古屋市のAセンターに勤務する者です。使用料などの収入があり、翌日始業前に前日の収入を確定させる業務があります。始業時刻は午前8時45分からですが、担当職員は毎朝8時頃からこの作業を行なっております。「これは時間外勤務ではないのか?」と質問を受けましたが、「ルーティンなので手当てはつかない」と上司から回答を得ました。どうなんでしょう?

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  srlee 返答済み 4 年 前.
ご質問ありがとうございます。

始業が午前8時45分なのに、前日の収入を確定させる担当職員は毎朝8時からこの作業を行なっていて、「時間外ではないか」との質問が否定されたが、納得がいかないとい うことですね。

上司が言った「ルーティンだから」というのは、そもそも、契約に入っている仕事だから、ということのように思えますが、雇用契約は、勤務時間を明確にして行うものです。なんらかの仕事を遂行するというのは請負契約になりますから、この方の言っていることは理由にはなりません。

担当職員の勤務時間は、ほかの方と同じように8時45分始業ということですよね。

その業務が、上司の指揮命令のもとに行われているのであれば、当然、時間外労働となります。

ただ、もしお勤めの職場の勤務時間が、たとえば、1日7時間であったとしたら、45分間の時間外労働は、法定労働時間(8時間)以内ですから、45分間分の給与は支払わないといけないものの、25% の割増をつける必要はありません。

srleeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  srlee 返答済み 4 年 前.
プラス評価をいただき、まことにありがとうございました。
今後、労働・雇用分野で疑問点や困ったことなどがおありの場合は、またご質問ください。できるだけお力になりたいと存じます。

雇用・労働 についての関連する質問