JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

食品製造業にて、パートで食品の品質検査(生菌数チェックなど)の間接部門で働いていました。 7/10に毎年契約更新を

解決済みの質問:

食品製造業にて、パートで食品の品質検査(生菌数チェックなど)の間接部門で働いていました。
7/10に毎年契約更新をしています。 9/24に突然課長から、10月から現場の製品箱入れに移るように言われました。理由は、有機関係の書類を作成していたので、箱入れに使う書類に慣れているという ことと、製品を見る目が確かだからということです。とりあえず、10月いっぱい現場で箱入れの仕事をしました。
しかし、箱入れは実際、派遣の人の補充がいつもいる場所で単に間接部門のリストラでした。
以前同様に品質検査から、箱入れに移った人がいたものですから、9/24に話があったときは、その人とは、(勤務態度が傍からみても、悪かった)まったく違うということを私に話し、その時は辞めるんなら辞めればいいという思いで移したけど、私には、食品の強化が必要だから同様の仕事のパート9人の中から私に決めたという言い方でした。私には辞めたら二度と品質検査には戻れないよと言われました。
私、以前6年ほど前に一度辞めて復職したものですから定年までこの仕事を続けていこうと思っていました。本当は3人リストラする必要でしたが、2人直前に辞めたもので、私一人が対象になったようです。
作業量が、3人も削ることで大変になると容易に予想がついたものですから、10月に移るときに、課長には、私は品質検査の仕事がしたくて、この仕事に戻ってきたので、ここに戻れる確率は何%ですか?
と尋ねたら、50%との答えでした。もしかしたら、仕事がまわっていかなくてすぐかもなって事もいっていました。実際、パートだけでは、仕事もまわらず残ったパートも有給を取りずらい状態です。
ひと月たったので、戻れるかどうかを、課長に聞いたところ、数か月で戻れることはないとの答えでした。私が戻れるのはどういう時ですか、誰か辞めた時ですかと聞くともう一人業務改善で減らしたいので、会社の方針で仕事量が増えたりした時、との答えでした。
現場の箱入れの仕事はきつく体が一週間持たないため、現場では辞めるしかないと伝えたら、大事な戦力だから、辞めてほしくはないけど、体を壊してまでは、だめなので、しょうがないと言われました。
私は、54歳なので再就職も難しいし、なによりこの仕事が本当に好きなので、品質検査に戻れるなら辞めたくない。といいましたが、だめでした。
あくまで、リストラではないが、戻ることはできません。
去年、他の部署から、二人移動があってその時に前課長に仕事が無くなることを心配して、他の人と前課長に話したことがあるのですが、その時は全く心配ないとのことでした。
自分では、パートの中で仕事が一番できるとは思いませんが、最初に外れるほどだとは思いません。
何度、課長にリストラの理由を聞いても、リストラじゃないというばかりです。

このまま、おとなしく辞めるしかないのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

お世話になります。よろしくお願いいたします。

「このまま、おとなしく辞めるしかないのでしょうか?」とのご相談ですが、会社から退職を勧められるような発言があったのでしょうか?

ご相談者様のご要望は「品質管理」に戻りたい、という事でしょうか?

ご相談されたい内容の詳細をお教えいただけますでしょうか。その内容に沿って回答をさせていただけたらと思います。

お手数をおかけして恐れ入りますが、ご返信いただけましたら幸いです。

質問者: 返答済み 4 年 前.

退職を勧められたわけではありませんが、品質管理に戻る保障できないと言われたので、退職をしないということは、現場の仕事をするしかないのです。


私は現場の仕事は続けていく自信もやる気もありません。


品質管理の仕事に戻りたいです。

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

 

「私には辞めたら二度と品質検査には戻れないよと言われました。」という表現がございましたので、合意の上で部署異動を受け入れたものだと思っておりました。

 

 

会社には人事権が認められており、部署異動も人事権の範疇です。

ただし合理的理由のない異動命令は人事権の濫用として無効を主張できます。なぜ部署異動に人選がご相談者様なのか、などご相談者様を現場に異動させた合理的理由が会社には求められます。

と言っても、会社との話し合いで会社側がそれを認めるとは思えません。となれば行政などの第三者を介入させて問題を解決するしか方法はありません。「現場仕事が体にきつくて続けられないので部署異動の要望を受け入れてほしい」という主張を「あっせん」や「労働審判」などの場で訴える、ということになります。

 

【あっせん】

都道府県労働局に申し立てをし、あっせん委員と呼ばれる専門家が労使双方の主張を聴き、和解案を提示してくれる国の制度です。

申立ては、労働基準監督署内の総合労働相談コーナーでも受け付けてもらえます。

 

 

【労働審判】

労働審判は地方裁判所に申し立てを行います。申し立てをすると、労働審判官(裁判官)と労働審判員(弁護士などの専門家)が労使双方の主張を聴き、証拠の確認を行い、原則3回以内の審理で、調停や審判で解決を図ってくれる国の制度です。

裁判ではありませんので、弁護士を依頼する必要はありません。当事者には参加義務があるので、労働者が申立てをすれば、会社側は労働審判への参加を拒否できません。

調停や審判に双方が合意して和解すると、その内容は裁判の判決と同等の効力を持ちます。

提示された審判に最終的に労使双方もしくは片方から異議申し立て(その審判は受け入れられない、という不服)がなされると労働審判は打ち切りとなり、通常の訴訟に自動的に移行する、という仕組みです。

ご参考までに、裁判所ホームページの労働審判のURLを添付させていただきます。

 

【労働審判制度とは】

http://www.courts.go.jp/saiban/wadai/2203/index.html

 

【労働審判手続き】

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_02_03/index.html

 

【労働審判手続きの必要書類】

http://www.courts.go.jp/saiban/qa_minzi/qa_minzi_48/index.html

 

労働者の健康に配慮する「安全配慮義務」というものを会社は負っておりますので、安全配慮してほしい、という要望をこれらの制度の中でしていくことになります。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問