JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
srleeに今すぐ質問する
srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 207
経験:  早稲田大学卒業 1999年社会保険労務士登録 産業カウンセラー ハラスメント防止コンサルタント
70981215
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

害虫・害獣を駆除する会社に勤務しています。 自分が担当する客先の幾つかが、作業の費用を支払ってくれず、売掛金未回収

質問者の質問

害虫・害獣を駆除する会社に勤務しています。
自分が担当する客先の幾つかが、作業の費用を支払ってくれず、売掛金未回収となっています。
会社は、売掛金未回収は担当者の責任だから、今月中に回収できなければ、その金額を給料から引くと言っています。
その後客先から費用が支払われたら返却すると。

私としては、このような立替に応じたくありません。
社員が会社の売掛金を強制的に立て替えさせられるというのは、法的にどうなのでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  srlee 返答済み 4 年 前.
ご質問ありがとうございます。

未収の売掛金を立て替えるよう迫られているとのこと、ご心配とお腹立ちお察し申し上げます。

まず、給与は全額払いが原則です。ですから、所得税・住民税・社会保険料などの法律で控除できると決まっているもの以外は、本人の同意なく勝手に給与から控除できません。勝手に会社側が控除するのは労働基準法違反となります。

また、客先から支払いがあれば返却するとのことですが、支払いがなければ、労働者に会社の損害を補填させるということになります。

かりに、あなたになんらかのミスがあって会社が損害を被ったとしても、それは事業を行う上で織り込んでおかなければならないリスクですから、通常労働者にそれを賠償させることはできません。

労働者の側に故意や重大な過失があった場合、損害賠償させること自体はできますが、それでも全額というのは判例上も否定されています。しかも、あなたの場合は、故意や重大な過失がないのですから、全額給与から控除するなどというのは、会社の対応はまったく理不尽なものであるといえます。

このような法的な内容を示して、まずは会社と交渉してみてください。

もし、交渉がうまくいかない場合は、行政の力を借りて解決をめざすために、労働局の総合労働相談コーナーにご相談することをおすすめします。

http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/roudoukyoku/kanren_shisetsu/sougou_roudou_soudan.html
質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のご回答ありがとうございます。勇気が持てました。感謝します。


 


会社へ法的な内容を示すとありますが、具体的に、どの法律(労働基準法?)のどの部分に抵触するでしょうか。


項目を挙げていただけると助かります。


 


よろしくお願いいたします。

専門家:  srlee 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

給与の全額払いの原則は、労働基準法第24条です。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/faq_kijyungyosei05.html

労働者からの損害賠償を全額とれないというのは、法律上明文の規定があるわけではなく、判例から類推されます。

http://www.jil.go.jp/hanrei/conts/056.htm
srleeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  srlee 返答済み 4 年 前.
プラス評価をいただき、まことにありがとうございました。
会社との交渉がうまくいきますよう、よそながらお祈りしております。

雇用・労働 についての関連する質問