JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
srleeに今すぐ質問する
srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 207
経験:  早稲田大学卒業 1999年社会保険労務士登録 産業カウンセラー ハラスメント防止コンサルタント
70981215
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

お世話になります。 私はとある会社で研究開発業務に従事しております。 新入社員である私の部下が車を買うまでの間半

質問者の質問

お世話になります。
私はとある会社で研究開発業務に従事しております。
新入社員である私の部下が車を買うまでの間半年間ほどバイク通勤し ておりましたが燃費が良いとの理由で通勤費として当然もらうべき金額を半分に減額させられていました。
(自家用車通勤の場合は会社規定で通勤距離片道1kmにつき¥1000となっております。)
上限が20kmですが部下は20kmを超えているため¥20000を貰えるはずですが¥10000しか支給されていませんでした。就業規則ではバイクと車で区別しておりません。
会社として行った事であれば部下の無知につけこんだ詐欺ではないかと思いますが、上司が独断で
その事を部下に言った可能性もあります。
(愚考しますに、その場合詐欺は成立しないと思っているのですがどう言う罪に問えますか?)
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  srlee 返答済み 4 年 前.
ご質問ありがとうございます。

部下の方の通勤費が就業規則通り支払われていないことについて、会社側はもう認識しているのでしょうか?

会社がさかのぼって正しい通勤費との差額を支払い、謝罪すればすむ話のように思われますが、会社側は、支払わないと言っていて、その場合の対応をお尋ねでしょうか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

 まだ会社側には問題の事を認識しているかどうか確認しておりません。


私が知りたいのは労働基準法や刑法に違反していないかどうかと言う事です。私の会社は結構強引な事をしてくるので一度お灸をすえたいのです。


 


 仮に会社が認識していた場合と、会社は認識しておらず上司が独断でやった場合にどういう罪に問えるか知りたいのです。


よろしくお願いします。

専門家:  srlee 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

給与計算の間違いについて、あなたが気づいただけで、会社の方には指摘していないということですね。

まず、給与を支払う主体は会社なので、上司があなたの後輩にどのように説明していようと、給与計算の間違いについては会社に責任があります。

労働基準法の給与の全 額払いの原則にも違反していますし、民法上、債務不履行であるとも言えます。

ただ、給与計算の間違いはよくあることであり、単に担当者のミスであれば、会社が謝罪して差額を支払えばそれで終了です。

会社がどのような対応をするのかわからない時点では、それ以上のことは、申し訳ないのですがお答えしかねます。
質問者: 返答済み 4 年 前.


sriee様


それでは上司が私の部下にたいして事実と異なる説明で通勤費を不当に低くして損害を与えていたとしても、その上司個人に対しては責任は問えないんですか?

専門家:  srlee 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

管理職として間違った説明をしていたということが、会社の就業規則に照らして、懲戒事由に該当するとしたら懲戒するよう会社に求めることはできると思います。

たとえば、故意にそのようなことをしていたとしたら、部下へのいやがらせとしてパワーハラスメントに該当するかもしれません。

法的には、個人に対しても損害賠償請求を行うことができますが、その上司の方が給与計算を行なっているのでなければ、該当部署のミスでもあり、個人に対しての責任追及には限度があると考えます。
srleeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  srlee 返答済み 4 年 前.
プラス評価とボーナスをいただき、まことにありがとうございました。
今後、雇用・労働分野で疑問点や困りごとがありましたら、またご質問下さい。できるだけお力になりたいと存じます。

雇用・労働 についての関連する質問