JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

退職時の有給休暇取得についてお聞きします。 9月1に辞表を直属の上司に提出し、約1ヶ月半放置されました。退職予定日

解決済みの質問:

退職時の有給休暇取得についてお聞きします。
9月1に辞表を直属の上司に提出し、約1ヶ月半放置されました。退職予定日は、引継ぎや50日の有給休暇消化にかかるであろう日数を考 慮し、11月30日と記入。一身上の都合により期日を先延ばしにすることは不可能です。提出後、何かと理由をつけて最高上司への提出を二度も三度も先送りにされました。当社では未消化の有給について買取制度がありません。このまま泣き寝入りするしかないのでしょうか?
補足:当社では在籍中の有給取得は慣例的にタブー視される傾向があり、やむを得ぬ有給取得については申告制ではなく、月末の出勤簿報告のときに公休扱いにするか有給扱いにするか決められます。退職前の有給取得についても、特に申告はせず慣例的に退職日から逆算して最終出社日を決定するという流れがまかり通っております。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
9月1日に辞表を提出したにもかかわらず、
1か月半も放置されたというのは不誠実な対応をされましたね。
ひょっとすると確信犯なのかも知れません。

このままでは有給休暇の残りが出るようですが、
残念ながら労基法などでは買い取りを定められていません。
そのためこのままでは泣き寝入りとなるでしょう。

個人で会社と交渉のうえ、
未消化分の買い取りを要求できればいいのですが、
難しいようであれば、例えば未払い残業などがあれば
その分も含めて請求するなどこじつけるしかな いでしょう。

または未払い残業などを労働基準監督署に申告することも考えている
有給を買い取りしてくれるのであれば、それはしないことにするなどもあるでしょう。

これで埒があかないようであれば、
実際に行政などの第3者を巻き込んで行くべきでしょう。

これは労働局や労働基準監督署にある総合労働相談コーナーで
あっせんなど行政を介入させて有給を使用させなかったことに対する
慰謝料を請求する申し入れがあります。

あっせんなどは費用もかかりませんので利用をすることにより
会社にプレッシャーを与えることも出来るでしょう。

ですが、次の就職先もお決まりのようであれば、手間もかかるため
いやな過去はさっさと忘れて気持ちの切り替えをされるという
選択肢もあるでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.
早速のご回答ありがとうございます。
やはり、まずは個人で会社に相談ということですね…私としては、立つ鳥あと濁さず 全てが悪意を持っての経緯ではないと信じたいのですが、やはり納得がいかない為にご相談申し上げました。
事前に確認をした人事の回答ですと、個人的事由の退職による有給未消化分の買取はしないとのことですが、今回は上司の怠慢による発生した不利益だと考えています。
千葉県の労働組合に相談もしましたし、明日は労働基準監督署にも足を運んでみたいと考えています。
こういったケースの解決には時間がかかるものでしょうか?
専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
そもそも有給休暇は労働者が取得日を指定することによって
権利が発生するものです。
会社にはその習得を拒否することは原則としてできません。
個人的事由の退職であって もです。

一応、会社には有給休暇の取得時期を変更する権利はありますが、
退職時にはそれも出来ないため労働者からの請求どおり与えなければなりません。

労働基準監督署でも有給休暇を与えてくれないということを
相談するだけでは、取得するように会社に交渉しましょうで終わっていまうでしょう。

そのため退職届けを提出したにもかかわらず、
有給休暇を使用させなかったことに対して慰謝料として請求するように持っていきましょう。

あっせんの場合であれば1か月程度で解決するでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.
行政などの第三者を介入させた場合、私は直属の上司とのやり取りは発生するものでしょうか。
それとも、慰謝料としての請求などは第三者もしくは私個人と会社の担当者(人事等)のみのやり取りで終わるものでしょうか。
ケースバイケースかもしれませんが、会社本部なり行政なりの調査が直属の上司に向けらるのは怖い気がします…
専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
行政が介入する場合は、
例えばあっせんの場合は会社(人事担当)とあなたと双方から話を聞いて
解決を目指すことになると思います。

その過程で、会社(人事担当)が直接あなたの上司にヒアリングを
することになるでしょう。

やはり行政を介入させるとなると
会社との間にしこりが残る結果となるのはやむを得ないでしょう。

ご質問内容から怖い気がするのニュアンスが解り兼ねますが
嫌な思いをされるのであれば、
過ぎたことだと割りきって新しい環境に進まれる選択肢もありだと思います。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問