JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
srleeに今すぐ質問する
srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 207
経験:  早稲田大学卒業 1999年社会保険労務士登録 産業カウンセラー ハラスメント防止コンサルタント
70981215
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

突然のご相談申し訳ありません。 46歳、会社員、男性です。 先日、勤勤先より懲戒解雇を言い渡されました。 理由

質問者の質問

突然のご相談申し訳ありません。
46歳、会社員、男性です。
先日、勤勤先より懲戒解雇を言い渡されました。
理由は架空売り上げに対する処分です。
その際に、会社側より損害金の支払いを命じる誓約書提出を
求められました。
全額支払いの義務はあるのでしょうか?

因みに、架空売り上げに至る経緯を申し上げます。
 ①特定顧客との通常取引の中で機器預かり修理の際に代替として
  同等の機器を無償にて貸し出しをしておりました。(会社側了承事項)
 
 ②代替台数不足及び長期代替貸し出し期間等を理由に、会社側より
  無償出庫体制を停止 され、且つ代替返却に対する回答を随時求められ、
  都度顧客側と折衝し、改善を図ってまいりました。(一部改善)
 
 ③顧客側からの代替出庫の督促及び付随する関係部署からの説明を毎日
  求められ、自身の平常業務にも支障をきたす様になり、社内上長への
  相談も困難な状況に追い込まれました。
 
 ④冷静な自己判断が出来ないまま、機器レンタルを主とする専門会社へ
  依頼し、数ヶ月間にわたり仕入れ計上を行い、顧客への架空売上へと
  なりました。
 
 ⑤仕入れに対する支払いを個人にて一部入金処理を行いましたが、
  金額が次第に大きくなり支払いが不可能となった為、仕入先への
  未払いが発覚し現状に至りました。   

上記内容において、確かに不正な処理であったことは認めますが、
会社側にも組織を挙げての特定顧客との継続取引を行っていく上で、
管理体制の不備があるのではないかと考えます。
このような場合、どこにどのような相談を行ったら良いかをご相談したく
お願い申し上げます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  srlee 返答済み 4 年 前.
ご質問ありがとうございます。

たいへんご心配な状況ですね。ご心痛お察しいたします。

通常、労働者のミスにより会社が損害を受けたとしても、事業継続のために考えられるリスクであることから、故意や重大な過失がなければ、損害を請求することはできないとされています。

また、労働者に故意や重大な過失があった場合でも、会社側が全額損害賠償を請求できるかどうかというのは、裁判でも多々争われているところであり、かりに労働者側に不法行為があったとし ても、過失相殺や信義則の観点から、全額賠償が認められることはそれほど多くありません。

ですから、まず会社側から求められている誓約書への書名は拒否してください。

そして、会社側から請求が来るのを待って、その額について納得がいかなければ、労働局の総合労働相談コーナーに出向いて、あっせんなどの仲介を求めることができます。
多くは、労働基準監督署内に設置されています。

http://chiba-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/roudoukyoku/syozaiti03/soudan06.html

または、地方裁判所に労働審判を申し込むこともできます。

http://www.courts.go.jp/chiba/saiban/madoguti/index.html

万一、会社側から訴訟を起こされた場合には、法テラスでご相談することも一法かと考えます。

http://www.houterasu.or.jp/chiba/

以上の回答について、疑問点、よりくわしく聞きたい点がありましたら、返信にておたずねください。よろしくお願いいたします。






srleeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  srlee 返答済み 4 年 前.
プラス評価及びボーナスまでいただき、まことにありがとうございます。
問題が早く解決しますよう、よそながらお祈りしております。
今後、雇用・労働分野で疑問点や困りごとがありましたら、またご質問ください。できるだけお力になりたいと存じます。

雇用・労働 についての関連する質問