JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 402
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

59歳の都立高校主幹教諭です。一昨年の12月の前立腺癌が見つかり、昨年の8月手術。現在治療中のため、今年の5月今年度

解決済みの質問:

59歳の都立高校主幹教諭です。一昨年の12月の前立腺癌が見つかり、昨年の8月手術。現在治療中のため、今年の5月今年度末の勧奨退職の募集があれば応募し、退職したい旨を好調に伝えました。今朝8:30頃、職員室で校長に呼び止めら れ、退職願を手渡されましたが、「勧奨退職の募集があるまで待って欲しい。」と伝えました。しかし、校長は「早く出してもらわないと困る。」と言い、「勧奨退職の募集は12月だから、人事構想に支障が出るんで困るんだよな。」と言うので、事務長から「勧奨が無いと退職金が10ヶ月程度減るときていますよ。」伝えると「余計なことを言うな-。」と言いながら去って行きました。退職願を管理職が手渡しに来るという事態を聞いたことが無いので、「これはパワハラにならないのか?」と疑問を持ちました。退職を促されるような仕事上のミスをしたことが無いのですが、どうしたものかと思います。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 4 年 前.

大変な状況の中御相談頂きまして感謝しております。

 

御相談の件ですが、貴方が今すぐの退職を希望していないにも関わらず、校長が退職願を持って提出を迫るというのは、事実上の退職強要といえます。これは、パワハラというよりさらに重大な違法な行為といえます。

 

地方公務員法第27条第2項では、「職員は、この法律で定める事由による場合でなければ、その意に反して、降任され、若しくは免職されず‥」と定められています。

 

貴方が特に仕事上大きなミスをした事も無く、たとえ病気を抱えていましても勤怠状況が普通以上であれば、通常免職されることはございません。明確な理由無き免職措置は取れないはずので、貴方は単に拒否し続けることで構いません。

 

また、本人が希望しないという意思を明示しているにも関わらず退職を執拗に繰り返し求めるというのは違法なやり方であり、それによって生じた精神的な苦痛に対しては損害賠償責任を負うといった最高裁判決も過去に下されています。

 

今後もこうした退職強要が行われるようであれば、人事委員会に不服申し立てを行う等、法的手段も辞さないといった強気な姿勢で臨まれることが大切です。

jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問