JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 402
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

私は会社の事務員です。 従業員が本社への出張の帰りに交通事故にあってしまいました。道路を横断中 タクシーにはねられ

質問者の質問

私は会社の事務員です。
従業員が本社への出張の帰りに交通事故にあってしまいました。道路を横断中 タクシーにはねられてしまいました。
労災で処理するのか、タクシー会社の自賠責、任意保険を使用するのか、社会保険を使うのか
どうしたらいいのかわかりません。

御回答お願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 4 年 前.

大変な状況の中御相談頂き感謝しております。

 

基本的には自賠責保険優先とされていますが、被害者の側にも事故発生について大きな過失があるような場合には労災保険が有利とされています。

 

また加害者側が任意保険に入っていない場合にも、補償範囲が限られてしまうので労災保険を申請される方がよいでしょう。

 

御相談のケースの場合ですと、任意保険に加入しているタクシーによる事故ということですので、自賠責+任意保険で十分な補償を受けられますし、自賠責の方が労災よりも休業補償額が通常多くかつ早く支給されますので自賠責で問題ないものと考えられます。

 

但し、万一タクシー側の任意保険の補償内容が手薄であったりしますと労災の給付の方が有利になるケースもありますので、その点は先方の保険会社の事故担当者に給付の詳細内容を確認されるとよいでしょう。

 

あと、自賠責保険で休業補償を受けたとしましても、労災保険の特別支給金(給与の2割の額)だけは受給出来ます。この事は意外と知られていませんが、第三者行為災害届と交通事故証明書を添えて申請されると貰えます。

雇用・労働 についての関連する質問