JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 976
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

先日に終身雇用契約(期間の定めなし)を組んだ社員がおります。終身雇用契約の前は有期雇用契約(H24/8/1~10/3

解決済みの質問:

先日に終身雇用契約(期間の定めなし)を組んだ社員がおります。終身雇用契約の前は有期雇用契約(H24/8/1~10/31)です。終身雇用契約はH24/11/1~になってます。有効日前なので終身雇用契約を白紙撤回することは可能ですか?よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
契約というのは、双方の合意により成立するものです。

契約は、一度成立してしまえば、双方の合意がない限り解除できません。
従って、業務上の不正や、犯罪への関与など、解雇可能な事由が事後的
に発覚したというように、一般的に解雇事由にあたるようなことがあったの
であれば可能ですが、特段そのような事情がないのであれば、一方的に
契約を破棄することはできません。
当該従業員の同意を得て、合意解除とする必要があります。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。


 


「当該従業員の同意を得て、合意解除とする必要があります。」とありますが、本人(従業員)の合意の上で同意契約書などを交わせば大丈夫なのでしょうか?変更・白紙撤回の理由の明記は必ず必要になりますか?その他注意点等があれば教えていただけると幸いです。

専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
契約というのは、対等な環境で行われる際にはあまり問題にならないのですが、
雇用関係というのはどうしても、継続的な上下関係が、前提として生じています。

会社側からみれば、自由な交渉だったとしても、従業員からみれば、上からの圧力が
あった、強要を受けたと感じてしまう場合がみられ、後日問題が発生する原因となります。

理由の明記等は必要事項ではありませんが、第三者からみても納得できるような
理由があり、それが記載されていれば、万一後日クレームが付いた場合でも、
対応がしやすいでしょう。合意書そのものとは別に、交渉の経過を別紙で作成
されたり、業務日誌等に詳細な交渉記録を残して置かれるのもよいでしょう。
houmuをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問