JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
srleeに今すぐ質問する
srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 207
経験:  早稲田大学卒業 1999年社会保険労務士登録 産業カウンセラー ハラスメント防止コンサルタント
70981215
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

〝競業避止”についてお教えください。 現在完全に籍が抜けておりますが、退職前の有給消化中に接触した企業が も

質問者の質問

〝競業避止”についてお教えください。

現在完全に籍が抜けておりますが、退職前の有給消化中に接触した企業が
もといた企業に照会したところ、下記理由により接触不可となりました。
 『幹部社員に対して、退職後 2年間は同業者への転職を行わないように指導している』
この企業は確かに現状取引(販売)のある先でした。

その後、知人の紹介で元企業があまり取引のない企業で内定を頂いております。
ただし、この企業も同業界といえます。

 内定を頂いた今回の企業には面接時に〝競業避止”で元の企業から上記のような回答があった
事があり、接触不可となった事がある事は伝えさせて頂いております。
そのうえで内定を頂いております。

このような場合に現状内定を頂いている企業に就業したとして、後でトラブルになる事はありますでしょうか?


退職時に“誓約書”の形での文書に押印しております。
また、特に退職金に対して特に上乗せされている等の説明は受けておりません。
11年近く購買業務を行いマネージャー職でした。


以上お教え頂けますようお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  srlee 返答済み 4 年 前.
ご質問ありがとうございます。

競業避止義務については、合理的な範 囲では有効とされる判例もありますが、職業選択の自由を制限するものであり、退職時に誓約書を書いたからといって、すべて「合理的」と判断されるわけではありません。

「競業避止義務が合理的であるかどうか」の判断材料としては、代償措置があるかどうか、退職した従業員の立場(役職者かどうか)、その規定自体の限定性(地域・期間など)などの観点があります。

退職金に上乗せなどもとくになく、部長や役員クラスの役職でもないということですから、裁判所で判断された場合は、「合理的」とは認められない、つまり、競業避止義務によって、あなたの就職を縛ることはできない、という判断になる可能性が高いと考えられます。

代償措置がない、または低額であった場合、部長という役職がついていた社員であっても、競業避止義務が無効とされた判例もあります。(東京貨物社事件 
http://www.jil.go.jp/rodoqa/kikaku-qa/hanrei/data/132.htm)

また、今回の就職先については、いままでのいきさつも伝えた上で内定をもらっているということなので、なおさら問題がないかと思います。

「信義的拘束力」で、生活のかかった就職ということがらを妨げるのは、かなり無理があると考えます。
質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のご回答誠にありがとうございます。


一つ気になりますのが〝部長や役員クラスの役職でもない”という


ご指摘ですがマネージャー職は部長職の意味合いもあり、


〝幹部社員”と位置づけされているようです。


 


このような場合でも、問題ないといえるのでしょうか?


 


また、他社で一度


『幹部社員に対して、退職後 2年間は同業者への転職を行わないように指導している』


という指摘を受けていたとしても問題ありませんでしょうか?


 


申し訳ありませんが再度お教え頂けますようお願い致します。

専門家:  srlee 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

マネージャー職は部長クラスとのこと、誤解しており失礼いたしました。

競業避止義務は 、法的には明確な線引きはなく、それぞれの案件について総合的に法廷で判断を受けなければ、合理的(有効)かどうかは最終的にはわかりません。

前回の場合は、元の会社が新しい就職先に申し入れをして、新しい就職先がそれを尊重したので、あなたは就職できなくなったわけですが、現在の就職先が元の会社の要望を入れるつもりがないとしても、法的にはとくに問題がありません。

前の会社があなたを訴えた場合、判例からすると合理的と判断される可能性が低いことは確かですが、提訴するかどうかは、前の会社の判断ですので、なんとも申し上げかねます。

はっきりした回答ではなくて恐縮ですが、実際に「問題がある」かどうかは、前の会社の行動いかんにかかっているため、このような回答になりますことをご理解ください。
srleeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  srlee 返答済み 4 年 前.
プラス評価をいただき、まことにありがとうございました。

新しい勤め先でのご発展をお祈りしております。

また、雇用・労働分野で今後疑問点や困ったことがありましたら、またご相談ください。できるだけお力になりたいと存じます。

雇用・労働 についての関連する質問