JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
srleeに今すぐ質問する
srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 207
経験:  早稲田大学卒業 1999年社会保険労務士登録 産業カウンセラー ハラスメント防止コンサルタント
70981215
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

srlee7208様 先程は失礼しました。 こちらから新たに質問すれば大丈夫でしょうか? 昨日はご相談にの

質問者の質問

srlee7208様
先程は失礼しました。
こちらから新たに質問すれば大丈夫でしょうか?

昨日はご相談にのっていただきありがとうございました。
本日早速、心療内科に行って「抑うつ状態にあり3 ヶ月の休養を要する」という旨の診断書をもらってきました。
明日、会社(社長)に交渉に臨みますが、明日提出する届出として
・休職届
・退職願い
どちらを提出する方がメリットがありますでしょうか。
有期契約(2013年1月6日まで)の契約となっております。

お知恵をいただければ幸いです。
よろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  srlee 返答済み 4 年 前.
ご指名いただきまして、ありがとうございます。

まず、お勤めの会社の就業規則を確認し、有期契約 労働者についても、休職が適用されるかどうか調べる必要があります。

また、「3ヶ月の休養を要する」という診断書ということですが、3か月後には契約期間自体が終わっておりますので、かりに休職規定が適用されるにしても、契約の更新を前提にしないと「休職」の意味がなく、会社が認めない可能性が高いと考えられます。

会社で社会保険に入っていれば、休職した場合、被保険者資格を継続できる場合が多いので、その点についてはメリットがあります。この場合、通常給与から天引きされている被保険者本人負担分の社会保険料は、会社に支払う必要があります。

また、もし社会保険に加入しているのであれば、傷病手当金を在職中に請求して認められていれば、退職後も1年6ヶ月を経過するまでは、引き続き給付を受けることができます。

会社で社会保険に加入していないのであれば、休職とするメリットはとくにないと思います。


srleeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

srlee7208様


 


ありがとうございました。


就業規則は作っているらしいですが、、全く周知されておらず現時点では機能しておりません。


社会保険には加入しておりますので、ダメ元で「休職願い」「疾病手当金請求」を提出してみます。


 


色々ありがとうございました。


 


 

専門家:  srlee 返答済み 4 年 前.
プラス評価と、ボーナスまでいただき、まことにありがとうございます。

退職交渉がスムースにすすみ、心身ともに健康を回復されるようお祈りしております。

「傷病手当金」については、退職後には請求することはできません。
契約終了日を来月の適当な日付にしてもらい(月の末日より前に退職すれば、11月分の保険料はかかりません)、それまで欠勤することとして、傷病手当金を請求できないか、会社と交渉してみてください。

雇用・労働 についての関連する質問