JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

総務部担当のものです。以下教えて頂ければと思います。 現在、私共の会社の職員は60歳定年で、以降は定年再雇用により

解決済みの質問:

総務部担当のものです。以下教えて頂ければと思います。
現在、私共の会社の職員は60歳定年で、以降は定年再雇用により嘱託職員として週30hを基本とした嘱託契約を結び65歳まで就業いただいております。給与は職員期と比較すると50%程度になりますが、高 年齢雇用継続給付金と年金を合わせて約70%くらいの収入になってはなっている思います。
ここにきて、2013年度から実施される特別支給の老齢厚生年金の定額部分の支給開始年齢の引き上げにともなって、来年4月以降の退職者(男性・・・女性は5年の猶予)への定額部分の支給が遅れる期間について、年金支給開始引き上げ調整給(助成・手当て金)を付けようと山形労働局へ相談したところ、労働基準法第4条に違反する疑いがあるといわれました。あくまでも、男女ではなく、開始年齢が遅れる対象者への調整助成と考えていましたし、年金支給の法律が男女差が有ることからの対応と言うことなのでとは思うのですが、どんなものか?と思います。今後、労働組合との協議の前に法律的見解をと相談させていただいたのですが?、労働局の見解と言うことでしたので・・・疑いがあるということは違法なのでしょうね?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

お世話になります。よろしくお願いいたします。

 

ご相談者様のお勤めの会社は相当労働者に優しい会社です。調整給をつけようとする会社はほとんどないのが現状です。(というよりもそのような発想がない会社がほとんどです。)

 

労働者の為によかれと思い導入しようとした制度が、「労働基準法4条違反かも」と言われてしまっては不本意な事かと推察いたします。

しかし社会保険労務士である当職から見てもやはり労働基準法4条に抵触する恐れのある措置かと思われます。

 

年金支給に男女差5年があるのは確かなのですが、それと労働法規は必ずしも統一性のあるものではありません。

男性にのみ調整給を支給するのは、「労働者が女性であることを理由として、賃金について、男性と差別的取扱いをしてはならない。」に当てはまります。

女性も同様に調整給を支給するのであれば、抵触することはございません。

 

会社の賃金の問題は、法律上、年金制度の問題とはリンクしませんので、導入するのであればやはり男女同時、でなければ労基法4条に抵触するものと思われます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

やっぱり、疑いがあるということは違法なのですね・・・。


 


ありがとう御座いました。

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

 

労働局の見解は間違っていない、という回答となります。

 

労働者に対して好意的に導入しようとした制度なのに労働局からそのような事を言われて、お気に召さないお気持ちは重々理解できるのですが、違法性の疑いがある、という結論となります。

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

お世話になります。

専門家として、全てのご質問に回答させていただきましたが、ご参考になりませんでしたでしょうか。回答にご不明な点がございましたら何なりとご返信いただけたらと存じます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問