JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

現在、正社員(経理・一般事務)で採用され3ヶ月の使用期間終了まで残り10日となりました。 ハローワークの紹介で採用

解決済みの質問:

現在、正社員(経理・一般事務)で採用され3ヶ月の使用期間終了まで残り10日となりました。
ハローワークの紹介で採用された会社で、創業が平成19年で5年あまりの新しい工務店です。
ハローワークの労働条件は、基本給が170000円~250000円、資格手当、業績手当て、業務手当、家族手当は社内規程による、賃金形態は日給月給、通勤手当は上限10000円、昇給はあり、賞与あり前年度実績年2回計2ヶ月、加入保険は雇用・労災・健康・厚生、退職金あり勤続5年以上
就業時間:9:00から18:00、時間外なし、変形(1年単位)、休憩90分
休日は週休二日制毎週、第2第4水曜日会社カレンダーによる
6ヶ月経過後年次有給休暇10日というないようです。
面接時に労働条件にについては求人票の内容ですが、休日について第2第4水曜日は定休日なので必ず休みとなります。あとは自由に休日設定を個人でしてください。土日に見学会があるのでその時は特別な用事がない限り出勤してください。月4回は皆土日に休みを入れるようにしています。と説明がありました。夏期休暇、年末年始休暇の記載がなかったので社長面接時にお盆とお正月の休みはありますか?と質問しましたら、ありますと言う回答でした。
私の希望する条件は毎週2日の休み(土日は出勤でも可)と盆正月休みと基本給17万円以上でしたので、たまに土日も休めるし休暇もあり実働7.5時間でとても好条件に思い入社を決意しました。
実際に入社してから、年間休日が105日だということを知りお盆と正月に休みを取られてしまうので毎週2日休めないことを知りました。しかも休憩は60分。残業も会議と上棟式があるので実際にはたまにあります。就業規則には年間休日105日の記載はありませんでした。社労士によると毎週2日の休み
を取ると105日になるので記載はいらないということです。入社翌日に労働契約書を社長からその他の書類と一緒に 渡されて、全部の書類に印鑑と記入して出してといわれました。労働契約書は内容もパート扱いの内容で賃金の記入もされておらずびっくりの内容でした。書類の中には、退職にあたって私は秘密保持のお約束をしますと言う退職前提の文言の書類もあったのですが社長を信じて判をおしました。労働契約書と秘密保持の書類に関しては納得がいかないので提出時に社長におかしくないですか?と質問しましたが、社労士に任せていて社労士の指示とだけで取り合っていただけませんでした。
実際に頂いた給料は基本給170000円にみなし残業手当10000円交通費10000円でした。
働きだして1ヶ月頃、女性先輩の話を聞いたり、男性社員の労働時間が異状に長く休みも自由に設定出来るため休みを繰り越していて消化していない状態に気づき労働基準法に抵触していますよと告げたことをきっかけに、私の条件が面接時と違う(実際は実働8時間で毎週2日の休みが取れない、労働契約書がめちゃくちゃ)と言うことを話すと、就業規則を含め法に抵触しないように改正しようということになりました。現時点の就業規則は年単位変形労働時間制は労使協定をむすんでおらず今回から協定を結ぶこととなりそうです。
私の求人内容の話では、休日数と休憩時間の条件が違うのかと尋ねるとハローワークの内容は職安が間違って記載した。勝手にきさいした。だから間違いである。では何故面接時にきちんと説明がなかったのかと聞くと、逆に何故質問しなかったのかと責められました。
求人に週休二日制毎週と記載があったのでお盆とお正月に休みはありますかと聞いただけではダメなのでしょうか?求人票にも年間休日の記載がありませんでした。
毎週2日の休みと夏期年末年始が欲しいのなら増えた休みの分基本給を下げます。月1日休みが増えて8000円ほどのダウン。休憩も90分ほしいのなら私だけ休憩したらいいと。
もう少し歩寄った話がしたいと話すと、面接時にきちんと確認しなかったのだから私にも悪い点があるので白紙にして今の現状の条件でスタートしませんか?それが不満ならうちには合わないですねと。
ハローワークの情報が間違いだったのにあなただけ特別はできませんと言われました。
労働契約書すらまともに準備できない会社にこのまま泣き寝入りなのでしょうか?
休日数の分と休憩時間分の基本給の値上げは出来ないのでしょうか?
また、条件が合わず辞めることになったら訴えることができますか?
経験のない事務の仕事に就きたくて、母子家庭ですが日商簿記2級の勉強の為4ヶ月バイトをしながら学校に通い、この条件の会社なら最低限の生活ができると思い離婚後新たな人生をスタートしたにも関わらずとても残念です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

お世話になります。よろしくお願いいたします。

 

ご相談者様に何点かおうかがいしたいのですが、

 

①ハローワークの記載ミスと言うのは本当なのでしょうか?本当であれば会社に落ち度はないはずです。まずはそこがはっきりしなければなりません。

 

②90分の休憩のはずが、60分の休憩しかないとの事ですが、休憩時間の賃金を支払う義務は会社にはありません。実際には60分しか休憩していないのに、90分休憩したという事にして賃金が計算されている、という認識でよろしいのでしょうか?

 

③夏季休暇や年末年始休暇というのは有給休暇ではありませんので、休んだ労働者に対して賃金を支払う義務は会社にはないのですが、夏季休暇や年末年始休暇を取得させてくれない、という状況なのでしょうか?

 

 

 

おうかがいしました範囲では、変形労働制の労使協定を締結していない、という所は会社の不手際です。これは明らかに会社の違法行為と言うことができます。

労使協定が締結されていれば労働法規上は特に問題のない運用という事になります。

 

 

お手数をおかけしまして恐れ入りますが①~③の内容について、ご返信をいただけましたら幸いです。

何卒よろしくお願い申し上げます。

質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答の質.
読解力が無いように感じました。
ハローワークの記載ミスが本当であったのなら、面接時や労働契約書がめちゃくちゃでも会社には落ち度がないと言えるのでしょうか?
専門家:  srlee 返答済み 4 年 前.
ご質問ありがとうございます。

先に「情報リクエスト」した専門家が書いた内容には、とくに不備はないと考えます。

募集の際の労働条件と、実 際の労働条件が違っていた場合、求人票記載の労働条件が定められたものと解すべき、とした判例には次のようなものがあります。

千代田工業事件
http://lawsuit.web.fc2.com/hanrei02.html

また、やむを得ない事由があれば、求人票と異なる労働条件でも差し支えないとした判例もあります。

八州測量事件
http://www.jil.go.jp/rodoqa/kikaku-qa/hanrei/data/235.htm

どうぞご参考になさってください。

質問者: 返答済み 4 年 前.

srlee7208さん


ありがとうございました。


 


sr_hossyさん


 


PCのトラブルなのでしょうか、sr_hossyさんからの質問に返答したにも関わらず同じ質問が返ってきたと勘違いいたしました。それで、別の方の回答をリクエストしたのですが、私が返答した内容が反映されていないのでsr_hossyさんには私からの返答が届いていなかったのですね。失礼な発言(読解力がないと)をしてしまい申し訳ありませんでした。


 


もう一度sr_hossyさん回答していただけますでしょうか?


 


①ハローワークの記載ミスと言うのは本当なのでしょうか?本当であれば会社に落ち度はないはずです。まずはそこがはっきりしなければなりません。


⇒社長がもうしているだけで、私自身は言い訳しているように感じました。


何故なら、勝手に記載したと言っており、会社はどのようにしてハロワークに求人を出すのですか?それを確認する方法はあるのでしょうか?


確認する方法があるのなら確認したいです。


ハローワークに記載ミスがあった場合と会社側の記載ミスの場合の回答がほしいです。


 


②90分の休憩のはずが、60分の休憩しかないとの事ですが、休憩時間の賃金を支払う義務は会社にはありません。実際には60分しか休憩していないのに、90分休憩したという事にして賃金が計算されている、という認識でよろしいのでしょうか?


⇒求人票通りなら170000円の基本給で90分休憩できるはずが、就業規則が60分なのて実際には60分しか休憩がなく実働時間が30分多くなるのに基本170000円のままで時間外手当もないということです。


 


 


③夏季休暇や年末年始休暇というのは有給休暇ではありませんので、休んだ労働者に対して賃金を支払う義務は会社にはないのですが、夏季休暇や年末年始休暇を取得させてくれない、という状況なのでしょうか?


⇒夏季休暇や年末年始休暇はあります。ですが求人票には週休2日制毎週と記載があるのに105日の休日の中から夏期・年末年始休暇を割り振っているので毎週2日、休日が取れないです。ということです。


 


 

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談者様

 

ご返信、ありがとうございます。社会保険労務士のsr_hossyでございます。 

 

気になさらないで下さい。ご相談者様の会社へのお怒り、よく理解できます。

 

ご返信いただきました内容を元に回答をさせていただけたらと存じます。

 

①ハローワークの記載ミス?会社の求人情報提供ミス?

受け付けているのはハローワークですから、ハローワークにご確認いただけたらわかると思います。ご相談者様がまだ求人票をお持ちでしたらいいのですが。

ただしハローワークの記載ミスだとしても、ハローワークは賠償をしようとはしません。他の案件でそれは嫌というほど思い知らされています。ハローワークのミスであれば国や厚生労働省を相手に裁判で白黒をはっきりさせる、ということになります。

 

 

②休憩の件

残業代というのは法定労働時間である8時間を超えた部分に対して支払われるものであり、所定労働時間の7時間30分を超える部分には残業代は不要です。

ただしご相談者様がおっしゃりたいのは、「初めの約束より30分多く労働をしているのであるから、その分の賃金が支払われないのはおかしい。30分の賃金を会社に支払ってほしい」というご意向です。つまりは最初の労働条件と違う、という③と同じ状況です。対抗策に関しては最後にご説明させていただきます。

 

 

③休日の件

週休2日及び夏季休暇、年末年始休暇を与えると言っていたのに、年間休日を105日にそろえるため夏季や年末年始の為に週休2日にならない時がある、というご不満ももっともです。

ただしご相談者様に一つだけご理解しておいていただきたいのは、夏季休暇や年末年始休暇といっても会社が「その休暇は有給です」と就業規則でうたっていない限り、普通の欠勤と同様、休んだ分は欠勤控除がされるものです。

会社が法的に「労働者が休んでも給与は支払わなければならない」のは、有給休暇だけです。

 

 

休憩も休日も要は求人内容と実際の内容が相違していて、「話が違う」ということです。

ご相談者様が当時の求人票をお持ちでしたら、それを証拠として労働審判の申立てをされたらよろしいかと存じます。労働審判で、ご相談者様のご要望である

「休日数の分と休憩時間分の基本給の値上げは出来ないのでしょうか?」
「また、条件が合わず辞めることになったら訴えることができますか?」

のどちらかを主張することができます。

 

【労働審判】

労働審判は地方裁判所に申し立てを行います。申し立てをすると、労働審判官(裁判官)と労働審判員(弁護士などの専門家)が労使双方の主張を聴き、証拠の確認を行い、原則3回以内の審理で、調停や審判で解決を図ってくれる国の制度です。

裁判ではありませんので、弁護士を依頼する必要はありません。当事者には参加義務があるので、労働者が申立てをすれば、会社側は労働審判への参加を拒否できません。

調停や審判に双方が合意して和解すると、その内容は裁判の判決と同等の効力を持ちます。

提示された審判に最終的に労使双方もしくは片方から異議申し立て(その審判は受け入れられない、という不服)がなされると労働審判は打ち切りとなり、通常の訴訟に自動的に移行する、という仕組みです。

ご参考までに、裁判所ホームページの労働審判のURLを添付させていただきます。

【労働審判制度とは】

http://www.courts.go.jp/saiban/wadai/2203/index.html

 

【労働審判手続き】

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_02_03/index.html

 

【労働審判手続きの必要書類】

http://www.courts.go.jp/saiban/qa_minzi/qa_minzi_48/index.html

 

 

裁判外解決手段とはいえ、申立書等の提出も結構手間がかかります。

まずは会社の住所地を管轄する労働基準監督署へご相談されて、労基署からの働きかけで解決できればベストかと思います。

 

労基署からの働きかけでも解決できない場合の手段として、労働審判という選択をされるのが、ご相談者様に最も合理的で有効な流れであると思います。

sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験: 法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

わかり易い説明ありがとうございました。


 


労働契約書には、給料や休日数など記入がされていませんでした。


その件に関してはどうなのでしょう。これに関して回答がなかったので教えていただけたらと思います。

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

労働契約書に給料や休日数が記入されていないのは、労働基準法15条違反です。

 

残業の有無、休憩時間、休日、休暇、賃金の決定、賃金の計算及び支払方法などの労働条件は労働契約締結時に書面で労働者に明示しなければならない、とされています。

 

そのため先に回答させていただいた、労働基準監督署へに相談や労働審判の際に、「会社は労基法15条違反であり、賃金や休日の明示がなかった」という点も主張していただけたらと思います。

雇用・労働 についての関連する質問