JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

契約社員の雇用契約について質問です。 先月に雇用契約を行い、10月1日から派遣先で契約社員として勤務となりまし

解決済みの質問:

契約社員の雇用契約について質問です。

先月に雇用契約を行い、10月1日から派遣先で契約社員として勤務となりました。
契約の更新については1か月毎の更新とした契約内容となり、
募集内容では残業の平均時間が月20時間と記載されていたのですが、
10月26日の時点で法廷時間外労働が50時間を超えており、
思わぬ激務に度々体調を崩して欠勤しています。

10月19日に仕事を辞めたい 旨を契約元の社長に伝えたところ、
今から先方に伝えても辞めることができるのは早くて11月19日で
遅ければ11月末までなので、それまで働くよう言われましたが
従うしかないのでしょうか。

同じ姿勢で1日11時間以上労働しているため、
腰、背中、肩に痛みが続いており、勤務中は痛みに耐えながら
仕事をしていますが、残業に次ぐ残業と毎週のようにある休日出勤で、
勤務を続けることが体力的に厳しい状態となっています。

どうかご回答お願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

10月1日から1か月毎の有期雇用契約ということで間違いないでしょうか?

質問者: 返答済み 4 年 前.


はい、10月1日から1か月ごとの有期雇用契約ということで


間違いありません。

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

それでは回答させていただきます。

10月1日から1カ月毎の契約であれば、10月31日に今の雇用契約は当然に終了します。

よって、貴方が契約更新の意思表示をしていないのであれば11月19日もしくは11月末まで働く必要はありません。

10月末で労働契約は終了し、その後出社する必要はありません。

一方、すでに更新をする意思を伝えており、11月1日から1カ月の雇用契約が締結されている場合について回答させていただきます。

有期雇用契約は期間の定めのない雇用契約(正社員など)と異なり、労使双方とも期間の制限を厳しく受け、その契約期間内での契約解除(貴方からみると退職)は原則できないことになっています。

しかし、どのような理由があっても労働契約が解除できないというわけではなく、民法628条の定めにより、やむを得ない事由があるときには直ちに契約の解除をすることができるとされています。

このやむを得ない事由というのが何なのかということは法律上に定めがありませんが、労働者からみたやむを得ない事由の典型は、体調不良、病気、怪我、その他家庭の事情などが挙げられます。

ご相談内容を前提にすると、貴方には退職をしなければいけないやむを得ない事由が十分にあると考えられますので、期間途中であっても退職は可能だと考えれます。

ましてやその理由が会社にあるのですから、会社はこれを拒否することはできないでしょう。

このような法律上の定めを引き合いに出し、会社とお話ししても会社が貴方の退職を認めてくれないのであれば、行政に介入してもらうしかありません。

そのような場合は会社の住所地を管轄する労働基準監督所にご相談され、会社に対して助言・指導を行ってもらうとよいでしょう。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問