JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

お願いいたします。 63歳の契約社員です。仕事が下での怪我(本人は強く思う)で右肩腱板損傷、インピンジメント症候群

解決済みの質問:

お願いいたします。
63歳の契約社員です。仕事が下での怪我(本人は強く思う)で右肩腱板損傷、 インピンジメント症候群と診断されて労災に申請したが2か月以上たつが結論が出るのは来年になるとのことで会社としては働けない状態の人は契約が終了したら退職して頂きたい(更新しない)と言われていますが契約日は11/15日です。因みに傷病手当金の請求をすれば労災は取り下げになるとのことで困っております。私としては労災認定されなかったら退職後にはなるが自分でで傷病手当金の申請をしたいのですが?会社も労災もあまり協力的ではありません。良いお知恵はないでしょうかお願いいたします。
無知なので良く解るようにお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

>傷病手当金の請求をすれば労災は取り下げになるとのことで困っております。

誰がこのようなことを仰っているのでしょうか?

質問者: 返答済み 4 年 前.

労災の担当者が言いました。両方を申請することは出来ないとのことですが。

質問者: 返答済み 4 年 前.

労災の担当者が言いました。両方を申請することは出来ないとのことですが。

質問者: 返答済み 4 年 前.

労災の担当者が言いました。両方を申請することは出来ないとのことですが。

質問者: 返答済み 4 年 前.

労災の担当者が言いました。両方を申請することは出来ないとのことですが。

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

貴方もすでにご承知のことと思いますが、業務上の事由による傷病である場合は労災保険、業務外の事由による傷病の場合は健康保険が適用されます。

労災の担当者の方が仰るように理論上は、貴方のお怪我を業務上の事由によるものとして労災申請するということは傷病手当金の申請ができない状態であるということになります。

但し、実務上は貴方のように労災申請に長期間を要する場合には労災保険も健康保険も適用されない無収入の期間が生じる事態が発生しますので、そのようなことのないよう、労災認定されるまでは健康保険からの給付を申請することができます。

厚生労働省からも以下のような通達が出ています。

「業務上外の認定は、第一線機関相互間あるいは審査官相互間で連絡を密にし、いずれからも給付の受けられぬことのないよう、意見調整困難なものは主管省経伺の上処理すること」(昭和30年6月9日基発359号)

最終的に労災認定されると、それまで受け取っていた健康保険の給付を返還し、労災給付を遡って受給することになります。

労災の担当者もこのようなことまで分かっているの者は少ないのが現実です。

このようなことを労基署、年金事務所にお話しし、傷病手当金の申請をされるとよいでしょう。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問