JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

雇用調整助成金(教育訓練)を申請したところ、現地調査と称してハローワークに担当者が来社。 「教育訓練の期間中には業

解決済みの質問:

雇用調整助成金(教育訓練)を申請したところ、現地調査と称して ハローワークに担当者が来社。
「教育訓練の期間中には業務を行ってはならない。PCで業務を行っていた節がみられるので
メールを見せろ」と言われ、メールの発信記録を開いたところ、それを写真にとられました。
確かに、教育期間中に業務を行っていたことは不正受給に該当するのは、止むをえず認めざるを
得ませんが、PC画面を写真に撮って不正受給の証拠にするというのはやりすぎではないでしょうか。
個人情報は公的機関の調査のためなら守られなくてよいものなのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.
ご相談、拝見させていただきました。労働問題及び企業法務担当の社会保険労務士です。

お世話になります。よろしくお願いいたします。

回答させていただくにあたり、何点かおうかがいしてもよろしいでしょうか?
①PC画面には、個人情報が表示されていたのでしょうか?どこまでの情報が 表示されておりましたでしょうか?
②ご相談者様の会社では、どれくらいの個人情報が蓄積されておりますでしょうか?

わかる範囲でおおまかで結構ですので、お教えいただけましたら幸いです。
ご返信、何卒よろしくお願いいたします。

※業務の都合で、回答が夜間になってしまう可能性がございます。恐れ入りますが、何卒御了承いただけたらと存じます。
質問者: 返答済み 5 年 前.

質問者: 返答済み 5 年 前.
① PCのメール送信履歴画面です。 相手先の名前やニックネーム 題名、送信日時です。
② 500名程度と思います。
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

 

まず個人情報とは、個人を特定できる情報の組み合わせをいいます。名前と住所、名前と生年月日、など「特定できる」個人の情報を個人情報としています。

そして個人情報取扱事業者とは、5000を超える個人情報を有する事業者とされており、ただし国、地方公共団体、独立行政法人は除外、というのが個人情報保護法での定めになります。

 

しかし今回ご相談のケースでは、ハローワークが行った行為の根拠は、

【雇用保険法79条第1項】

行政庁は、雇用保険法の施行のため必要があると認められるときは、その職員に、被保険者、受給資格者等若しくは教育訓練給付対象者を雇用し、若しくは雇用していた事業主の事業所又は労働保険事務組合若しくは労働保険事務組合であった団体の事務所に立ち入り、関係者に対して質問させ、又は帳簿書類の検査をさせることができる。

 

この条文に則っての行為となりますので、違法とすることはできません。

 

また持ち帰ったデータが外部に流出したりする事態となれば当然責任を問えますが、雇用保険に関する調査のために調査結果を持ち帰る行為そのものは、上記条文によりハローワークに認められた権利となります。

質問者: 返答済み 4 年 前.

返信ありがとうございました。
教育訓練中に業務(メール)をした事は事実で当方の落ち度は認めますが、
「不正受給に該当する」と言われると、実際に教育訓練を行ったのは事実なので、
納得できません。 対象となる8月度(第1回目)は助成金の支給申請は提出(金額15万円くらい)しましたが、未だ、入金していません。 申請を取り下げても不正は不正と
言われてるのですが、何か、陳述書を提出する等方法はないものでしょうか。

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

 

雇用保険に関する不服申し立てが雇用保険法69条で認められております。

 

雇用保険審査官に対して審査請求、その決定にも不服がある場合には労働保険審査会に対して再審査請求をすることができます。

 

会社の所在都道府県を管轄する都道府県労働局の中に、雇用保険審査官は設置されておりますので、ご確認いただきましてご相談、審査請求をしていただけたらと存じます。

 

労働保険審査会については、厚生労働省ホームページのURLを以下に添付させていただきます。

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/shinsa/roudou/

 

雇用保険審査官への審査請求を飛ばして、いきなり労働保険審査会への再審査請求はできませんので、最初は審査請求から、という順番になります。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問