JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

現在【契約社員】で派遣元と契約を結び、 派遣先で派遣先責任者の指示で業務を行っているのですが、 派遣元及び派遣先

解決済みの質問:

現在【契約社員】で派遣元と契約を結び、
派遣先で派遣先責任者の指示で業務を行っているのですが、
派遣元及び派遣先が偽装請負をしているように思えたため
質問させていただきます。

以下の1~8は派遣先で労働するまでの一連の流れとなります。

1.
 ハローワークにおいて、A社(派遣元)に面談を申し込む。
  ※求人票の職種欄には【請負】と記載
  ※求人票の雇用形態には【正社員】と記載

2.
 A社と面接を行い、社内での勤務ではなく、
 別会社で勤務する旨を伝えられるが了承する

3.
 後日、A社から「弊社からみて請負顧客先になります会社から
 xx様と一度業務の件でお打ち合わせの要望が出ております。」
 と連絡が 入り、B社との面談に応じる

4.
 B社と面談を行い、B社の業務編成チームという作業者団体の一人として
 派遣先C社で労働してもらうという内容を伝えられる

5.
 後日B社の営業と共にC社に向かい、面接を行う

6.
 C社での勤務が決まるがA社から正社員ではなく契約社員でも
 構わないかと確認されるが了承し、後日A社の契約書に必要事項を記入する

7.
 C社での勤務当日、B社の営業とC社に向かい、
 C社の現場責任社から研修を受け、業務を開始するが
 作成された協力会社証(社員証のようなもの)には
 B社の名義で作成され、B社の営業に確認したところ
 協力会社名を記入する際はA社の社名を書いて構わない、
 と指示される

8.
 以降、C社の現場責任者の指示のもと業務を進める

以上となります。
こちらは職業安定法第44条の労働者供給事業に
違反しているものと思われますが、ご回答のほど
宜しくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

お世話になります。よろしくお願いいたします。

 

まずは偽装請負との件ですが、偽装請負とは、社保逃れのため本来は雇用契約での労働形態であるにもかかわらず、請負契約(つまり個人自営業者)として扱い、賃金支払いではなく、委託料の形にし、会社の社保負担を免れる行為です。

ご相談者様の場合は、A社の契約社員ですから、A社で社保に加入されておられるものと推察いたします。となると偽装請負、ということはなかろうかと存じます。

 

そして職業安定法44条の件ですが、ご相談者様が雇用されているA社が「一般労働者派遣事業許可・特定労働者派遣事業届出」をしていない状態であれば、派遣労働ではなく、労働者供給とみなされる可能性が高いでしょう。

ご相談者様にご確認いただきたいのは、A社からはどこの会社に派遣されているのか、という点です。A社からC社に派遣されていて、労働者派遣の許認可が取得されているのであれば、何の疑いもない通常の労働者派遣です。

ご相談者様の派遣労働の労働条件の内容で、どこの会社への(B社?C社?)派遣になっているのかがポイントとなります。A社の労働者であるご相談者様をB社が勝手にC社に派遣する権限はありません。(本人の同意があれば別ですが)

この点は、ご相談者様の雇用主であるA社に確認すべき事項となります。

 

ご相談者様がA社で、健康保険や厚生年金にきちんと加入されておられるのであれば、ご相談者様にとって偽装請負の問題は生じません。B社やC社は、ご相談者様を雇用しているわけではありませんので、社保の問題は存在しないからです。

 

 

※ご不明な点や、当職の認識違いなどがございましたら、ご返信いただけたらと存じます。

質問者: 返答済み 4 年 前.


ご返答ありがとうございます。


どうやら色々と思い違いをしていたようです……。


 


まず各種保険や厚生年金等についてですが、


当方がA社に勤務1か月目で且つA社が


今年の5月に設立したばかりの会社であるせいか


健康保険や厚生年金についてまだ準備ができていないとか


整っていないといった内容で返答され、


当方は加入できていない状態となります。


 


すみません、このあたり曖昧ですが、当方としては


それらの手続きはした覚えがないです。


 


次にA社からどこに派遣されているのか、


といった問題ですが、こちらは月曜にでも


A社に確認をとってみたいと思います。

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

 

社会保険加入はこれからいうことですね。給与から保険料が天引きになっているかどうかで社保に加入しているかどうかはわかりますし、健康保険証が会社から来たかどうか、も判断基準になります。

 

これらの加入の手続きは会社が行います。

 

また状況に変化がございましたら、ご返信いただけたらと存じます。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問