JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

競合避止義務における代償措置について。会社から独立阻止のむけて競合避止義務の契約書の締結を求められています。ただ私は

解決済みの質問:

競合避止義務における代償措置について。会社から独立阻止のむけて競合避止義務の契約書の締結を求められています。ただ私はサインしません、と伝えたところ、代償処置(金銭解決)を提案する、と 言われました。2年間ほどの競合への転職及び、役員への就任禁止。同事業の立ち上げ、関わることの禁止項目が含まれる感じです。

サインせず独立して事業を営む方が、収入も売上がとれます。

なので、安い代償処置の金額ではサインもしません。

【質問】
一般的に代償処置の金額を設定する場合、何を基準とするのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
競業避止義務における契約書との事ですが、在職中はともかく退職後に事業を営む訳ですから、これは憲法でも保障されている職業選択の自由を奪 うことに繋がる行為です。

弁護士さんにも確認のうえサインしなければ競業避止に抵触する可能性は低いというのであれば、本来は敢えてサインをする必要はないところでしょう。

それでもサインというのであれば、今後2年間に渡ってご自身が事業を営むことによって得られるであろう収入を保障されるように交渉するべきでしょう。当然ながら相手が応じないようであれば、交渉は決裂するだけです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。


 


逆の立場(雇用主)になったとして、何を基準に金額提示をしてくるのでしょうか?


 


 


 

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
私が雇用主の立場であれば、なるべく低い金額で手を打ちたいと思うところでしょう。
仮にあなたが事業を立ち上げることによって自社の売上がどの程度下がるかどうかを検討すると思います。

その金額を最大限として後はいくらまで下げられる、実際には、低い金額から提示していくでしょうから、どの金額まで出せるのかを検討した上で提示していきます。

他の同業、取り扱われている商品、利益率等によって変わってくるため、具体的な金額を申し上げることは難しいところです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。


 


>今後2年間に渡ってご自身が事業を営むことによって得られるであろう収入を保障されるように交渉するべきでしょう。


 


 


まだ起業前なので、どの程度下がるものなのかは弾き出すことはできないのですが、この程度売り上げを作れる、という試算から、その金額を代償処置として請求(もしくは交渉時の金額として)することは有効なのでしょうか?


 


 

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
もちろん有効です。そもそも確実な売上など1年経過した時点で初めて分かるものです。
仮に銀行等から融資を受けるとしても、あくまでも売り上げは見込で事業計画書を作成されると思います。

相手の会社の立場であってもあなたが独立したことがどの程度会社の業績に影響するかどうは、分からない中で交渉するのですから、あなたが強気に出られたらよろしいかと思います。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問