JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

現在、当社で雇用している者のことで相談します。 現場で注意されても改善されなくこまっております。危険が伴う仕事なの

質問者の質問

現在、当社で雇用している者のことで相談します。
現場で注意されても改善されなくこまっております。危険が伴う仕事なので怪我をされることが心配です。
海上土木の仕事です。会社としては再三、本人に言ってきているのですが直そうとしません。
周りの者にも迷惑をかけている(待ち合わせ時間にこない、仕事の途中で現場を離れ携帯をいじってる等)
ので、今は自宅待機の状態です。
つきましては、会社としては解雇したいと思ってます。その際口頭より文書のほうが良いと思うのですが
いかがでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
現場で注意されても改善されないというのでは、危険を伴う仕事であれば、
ケガをされることは十分考えられます。

その場合には、会社には使用者責任も問われることになりますから、
解雇もやむを得ないでしょう。

解雇は使用者から労働者に対して一方的に労働契約の解約を申し出ることになりますが、
本来は口頭であっても成立することになります。

そうは言っても、どのような点が至らないために解雇をすると伝 えることは、
書面の方が有効でしょう。

一方で、解雇には客観的合理的な理由及び社会通念上相当性が必要だとされています。
そのため、後から不当解雇と言われないように、いつ、どこで、どのような事例に対して注意や指導をしているかどうかが客観的に判断できるように、記録をしておくことが必要です。具体的に書面として残すようにすることをお勧めします。

最後にご存知かも知れませんが、解雇をする場合には、少なくとも30日前の予告、
または30日以上の平均賃金の支払等が必要となりますのでご注意ください。

雇用・労働 についての関連する質問