JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

sr_hossyに今すぐ質問する

sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

入社して5年7ヶ月の勤務先での賃金と業務内容について困っています。 【現状】 ・経営企画部に属しているが、与えられる仕事は単純作業や庶務的なことばかりで、

質問者の質問

入社して5年7ヶ月の勤務先での賃金と業務内容について困っています。

【現状】
・経営企画部に属しているが、与えられる仕事は単純作業や庶務的なことばかりで、
昇給や昇格のチャンスから隔離されている。
⇒仕事は2011年入社の新卒生え抜き男性社員に振られる。
  扱いはその男性社員より下っ端で、ほとんどない業務上の情報共有も一番最後。

・給与は新卒とほとんど変わらず、最短で2年目の新入社員に抜かれる設計。
年2回の査定では、「簡単な業務しか行っていないから」とのことで、
入社以来評価されたことがない。
また、一方で必要性のない実現不可能な業務を、業務遂行に必要ば権限を与えられることもなく課せられ、
「そのミッションをクリアできないから」とのことで、 低いどころかマイナスの査定評価を数年受け続ける。
⇒上司が変わっても同じミッションを課せられ、同じような無駄な作業を強要される。
 そして、その成果物は結局使用されない。

・最近、業績が悪化して残業代の支給をカットするために「企画業務型裁量労働制」を適用されることになった。


【質問】
①会社に対して、せめて同世代の社員と同等の給与に引き上げて欲しいことと、
 業務内容の改善を交渉したいのですが、
 どのような手順を踏むべきでしょうか?

②「企画業務型裁量労働制」に同意したくないのですが、
  会社と交渉の余地はありますでしょうか?

③上記2点の交渉をすることによって解雇や退職勧奨等の報復を受けた場合、
 どのようなアクションを起こせばい いでしょうか?


ちなみに、入社当初に上司が他の社員に行っていたパワハラ行為を告発してから、
その上司からも会社からも冷遇されるようになりました。
一時期、うつ状態になり体調も崩しました(診断書なし)

希望としては、現在の会社に務め続けたいですが、
退職になった場合は、今までの肉体的精神的苦痛に対して損害賠償を求めたいと考えています。

アドバイスの程、何卒よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  srlee 返答済み 4 年 前.
ご質問ありがとうございます。

たいへんおつらい状況ですね。なんとか問題が解決できるよう、お力になりたいと思います。

あなたへの会社の待遇は、パワハラに該当するのではないかと思われます。

厚生労働省から出された、「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ報告」の中に、下記のような内容があります。

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000021hkd.html


*以下引用*

2-2.職場のパワーハラスメントの行為類型(報告書p5・6)
  職場のパワーハラスメントの行為類型を以下のとおり挙げた(ただし、 職場のパワーハラスメントのすべてを網羅するものではないことに留意する必要がある。)。
類型 具体的行為
(1)身体的な攻撃(暴行・傷害)
(2)精神的な攻撃(脅迫・暴言等)
(3)人間関係からの切り離し(隔離・仲間外し・無視)
(4)過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
(5)過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
(6)個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)

*引用終わり*

上記の(4)(5)に該当していると考えられます。

①について

会社があなたに行なっている、いやがらせと思われる対応について、なるべく記録をとってください。いつどのような指示がされた、などということです。また、上司から暴言があった場合は、それも日時とともに、記録しておいてください。

もし、社内にハラスメント相談窓口があるようでしたら、そちらに相談してください。会社のあなたへの対応から言って、ムダなことに思われるかもしれませんが、労働局など外部の相談窓口に相談する際、あなたの主張の補強材料になります。

そして、相談した内容、会社の対応を記録にとってください。小型の IC レコーダーなどで録音することをお勧めします。相手に黙って録音しても、それ自体は違法ではありません。ただ、録音していることを前提に、会社の暴言を引き出そうと挑発するようなことはせず、ふつうに対応してください。

ここで、あなたへの不当に低い評価を会社が見なおせば、それでよいのですが、適当な相談窓口がない、または、相談しても相手にされなかったという場合は、労働局(窓口は労働基準監督署)、または法テラスに「パワハラを受けている」と相談してみ てください。


②について

企画業務型裁量労働制を適用するためには、個別の労働者の同意が必要です。就業規則などで定めただけでは、同意したことにはなりません。また、労働者が同意をしなかったからといって、解雇その他の不利益な取り扱いをしてはならないということになっています。

ですから、あなたが同意したくなければ、はっきりと「同意しません」と会社に伝える必要があります。

また、ご相談のように補助的な内容の仕事しかさせてもらえないとすれば、あなたの業務は、制度の趣旨から言って、裁量労働制の対象ではないとも言えます。

会社から裁量労働制への同意を強要されるようであれば、労働基準監督署に相談なさることをお勧めします。

会社での扱いが原因で肉体的精神的に、体調を崩されているようであれば、早めに受診して、医師にも会社での状況が原因だと思われると伝えてください。

さらに、ご家族や友人などの親しい人にも相談してみてください。いま現在、すぐにあなたの力になってもらうことはできなくても、相談するだけで精神的に多少楽になることもありますし、自分の考えを整理できます。また、今後訴訟になったときに、証言してもらうということもありえます。

③について

もし、会社側から「やめてほしい」と言われたら、「それは解雇ですか、退職勧奨ですか」と確認し、退職勧奨に関しては、決して、自分から同意しないようにしてください。

解雇と言われた場合には、解雇通知書に解雇の理由を入れるよう、求めてください。

そして、労働基準監督署に、「不当解雇にあった」ということで、相談に行って下さい。その後、監督署から是正勧告を出してもらう、労働審判やあっせんなどの方法が考えられますが、とりあえずは、早急に相談に行くことが大切です。

民事訴訟を考えておられるとすれば、証拠固めが必要であるということと、あなたご自身の心身の健康が大切であるということを念頭に置いて、行動してください。

なにか不明な点があれば補足いたしますので、ご返信いただけるようお願いいたします。




質問者: 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。


 


いただいたアドバイスを元にアクションを起こして行きたいと思います。


 


 


一点追加で質問なのですが、直属の上司には相談しなくても大丈夫ですよね?


 


社長と直属の上司は親会社からの出向者で、他の役員も人事部もほとんど彼らに対して何も言えません。


私に対するパワハラも社長の意向かと思われます。


 


親会社の社風も同じで、気に入らない社員には嫌がらせをして退職に追い込むのは日常茶飯事です。


今回の交渉で、問題社員扱いをされて、更に酷い待遇を受けるのではと心配になります。


 


度々恐れ入りますが、ご確認の程よろしくお願いいたします。

専門家:  srlee 返答済み 4 年 前.
ご回答ありがとうございます。

最初の質問を拝見しましたところ、あなたへの評価を行なっているのは直接の上司であると思い、パワハラの行為者に相談する段階ではないように考えたので、「上司の方に相談を」という内容は入れませんでした。

お示ししたアドバイスは、とくに決まった方法があるわけではなく、ご質問の内容から法律的に考えられることを申し上げました。

上司に相談することで 、会社の考え方を確認し、あなたが会社に反抗するためではなく、よりよい業務を行うために現在の低い評価をなんとかしたいと考えていることを伝える効果はあると思います。

しかし、上司に相談することで、さらに「睨まれる」状態になることもありえます。

どちらがよいとも申し上げかねますが、先ほど申し上げたように、順序として決まったものがあるわけではありませんので、両方考えあわせてご判断ください。

さらに報復を受けるのではないかというご心配については、印象論になってしまいますが、残念ながら、その可能性はかなりあると思います。

ただ、行動を起こさずにがまんしていても、状況がよくなるとは考えらません。会社と労働者では力関係が大きく違いますので、行動を起こすのは勇気が必要ですが、そのようなマイナスの効果も考えた上で、ご自身がほんとうにどうしたいのか、よく気持ちを整理なさってください。

状況が少しでもよくなることを、よそながらお祈りしております。

専門家:  srlee 返答済み 4 年 前.
「より詳しい回答を期待した」との評価をいただき、たいへん残念に思っております。

「いただいたアドバイスを元にアクションを起こして行きたいと思います。」とのお言葉をいただいておりますことから、わたくしの回答がなんらかの参考になったと考えられますので、できましたら、それに見合った評価をお願いいたします。

また、回答のなかのどの点についてより詳しく知りたいのか、ご返信いただけましたら、さらに追加でご説明いたします。よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

失礼しました。


 


ただ、最善の方法をお聞きしたかったのに、「順序として決まったものがあるわけではありません」とのことでしたので不安が増してしまいました。


 


「さらに報復を受けるのではないかというご心配については、印象論になってしまいますが、残念ながら、その可能性はかなりあると思います」


⇒そうならないためのアドバイスをいただきたいです。


 


私の一番の希望は給与の引き上げです。


その目的を達成するために、まず「パワハラの告発」から入ってしまうのが最善の方法でしょうか?


 


お持ちの過去の事例等を元に、会社との給与交渉が成功するためのしかるべき手順をご教示願います。

専門家:  srlee 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

不安に感じられているお気持ちをくみとれず、会社と対決するような方法を最初から勧めてしまい、失礼いたしました。退職になった場合は訴訟を考えているということだったので、会社に対して異議申し立てをなさるおつもりかと考えたのですが、それは最終手段で、できれば穏便に給与アップを要求していきたいというご意向だということでよろしいでしょうか。

「順序として決まったものがあるわけではない」と申し上げたのは、法律的に、または一般的に決まっている内容ではない、という意味です。

最初のご質問の②③についての回答は変わりませんが、①に関しては、直属の上司に相談して、現在あなたがまかされている業務の内容が、あなたの実力について適当かどうか、もう一度分担内容を考えなおしてほしいということを、訴えてみてください。

その際、「自分の実力に対して仕事が補助的すぎる」というだけでなく、より具体的に、こういうことができます、こういう分野について意欲があります、と伝えられればなお 良いとおもいます。

また、「必要性のない実現不可能な業務」については、その業務の必要性について、上司に説明を求めてください。「どうしたら業務が遂行できるか、そのために自分は何ができるか」ということをまず考え、それを伝えた後に、上司の側にしてほしいこと、(たとえば、業務に必要な権限があれば遂行できると思っているので、その権限を与えてほしい、業務内容を分解可能なステップに分けて、ひとつずつ相談しながらやらせてほしい、など)を要求していきます。

評価に関しては、決まった時期があると思いますので、いますぐ変わるわけではありませんが、日常から、あなたの意欲を上司に伝える必要があります。

上司にあなたの要求を伝える際には、次の点を参考になさってください。

1.要求する問題について、一度にすべて解決しようとせず、的をしぼって実現可能なハードルの低い問題から伝える。
2.上司のご自分への指導に対して、いいと思う点があれば、感謝の気持ちとともに伝える。
3.「会社が◯◯してくれないので、できない」というのではなく、ご自分についても改善していきたい点を考えて伝える。
4.落ち着いて話せるよう、伝える時と場も考える。
5.ボディーランゲージも重要ですので、緊張するのは当然なのですが、必要以上におどおどしてしまったり、逆に居丈高になってしまわないように、冷静に、誠意をもった雰囲気が出せるようにする。

いきなり「こうしなさい」ということがたくさんでてきて、面食らってしまったかもしれませんが、あなたの実力を上司に伝えるには、単に実力があるというだけでなく、コミュニケーションの方法を考える必要があります。

できれば、親しい友人などに頼んで、リハーサルをするのも有効な方法です。

また、要求するだけではなく、日常の仕事に関しても、改善案を提案するなどの意欲を見せる方法を考えてみてください。

上司とのコミュニケーション以外に、あなたの会社には人事評価制度についての苦情や要望を受け付ける窓口はないでしょうか。もしあれば、そのような窓口に相談することも考えられます。
会社の労働組合にも、そのような機能がある場合があります。

質問者: 返答済み 4 年 前.

早速ありがとうございます。


 


先にお伝えした通り、社長と同じく上司は親会社の出向者で、私への態度も社長の指示があると考えられます。


社長の気に入らない社員への嫌がらせは日常茶飯事です。


その中でも、私は賃金の面で社内でも最低の扱いを受けています。


 


親会社には労働組合はありますが、私の所属する子会社にはありません。


 


そこで、会社との交渉に向けて、個人で労働組合に加入すべきでしょうか?


また、加入するとすれば、どの組合が良いのでしょうか?


 


・連合
http://www.jtuc-rengo.or.jp/
・全労連
http://www.zenroren.gr.jp/jp/

・全労協
http://www.zenrokyo.org/


 


度々追加での質問を申し訳ありませんが、


回答の程よろしくお願いいたします。


 


 

専門家:  srlee 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

個人加入の ユニオン(労働組合)は、会社と交渉する際、有力な後ろ盾になってくれますし、労働組合が申し込んだ交渉を会社が拒否すれば、不当労働行為になりますので、交渉のテーブルにつかせるためには有効です。

ただし、たいていの中小企業の社長は、労働組合をたいへん嫌っています。嫌う、という感情的な言葉を使いましたが、自分の会社の有利不利に関わらず、組合というと拒否反応を示す経営者が多いと言えます。

労働組合に加入して団結するのは労働者の権利なのですが、現実的に申し上げると、組合に加入し、組合から交渉を申し込んでもらうことは、会社側からは「問題を起こす社員」と見られる可能性が高いです。

ですから、労働組合への加入は、会社と交渉してみて、それが不調に終わった場合に、考えてみればよいのではないでしょうか。

また、どの組合がよいかという点については、リンクしていただいたような大きなところではなく、ホームページを検索して「争議」と強調しているようなところのほうが、力になってくれると思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

度々恐れ入ります。



>また、どの組合がよいかという点については、リンクしていただいたような大きなところではなく、ホームページを検索して「争議」と強調しているようなところのほうが、力になってくれると思います。


 


⇒具体的にお勧めの団体はありますでしょうか?


 


 


何度もお手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

専門家:  srlee 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

申し訳ありませんが、地域が違うこともあり、具体的に存じ上げている団体はありません。

恐れ入りますが、ご回答はここまでとさせていただきますので、再評価いただけると幸いです。

今後、会社との交渉の過程で相談したい内容がでてきた場合には、新たな質問をしていただければ、できる限りお力になりたいと存じます。
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

こちらのサイトでは特定の団体を紹介したり、仕事の受任や専門家のご紹介は規約で禁止されておりますので、何卒ご了承いただけたらと存じます。

 

そのため、お勧めの団体、というご相談に対して具体的な回答はできないのですが、「地域ユニオン」「会社の地域」で検索すれば、東京であれば何件かヒットするはずです。地域ユニオンは労働問題に積極的に関与してくれますので、インターネットで地域ユニオンを検索して探されたらよろしいかと存じます。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • remember2012

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    818
    社会保険労務士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/remember2012/2012-6-21_145655_IMG088111.64x64.jpg remember2012 さんのアバター

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    818
    社会保険労務士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SI/sin4864/2011-8-18_02555_100909174435.64x64.jpg sin4864 さんのアバター

    sin4864

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    279
    労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MR/Mr.K6307/2011-8-28_81237_6C53.64x64.jpg Mr.K6307 さんのアバター

    Mr.K6307

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    76
    2007年 愛知県立大学外国語学部卒業 2007年〜トヨタ系部品メーカー勤務 2010年 社会保険労務士試験合格 2011年〜某社会保険労務士法人勤務
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YS/yspop2000/2011-10-20_222210_DSC4088.64x64.JPG yspop2000 さんのアバター

    yspop2000

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    29
    元労働局総合労働相談員、相談経験豊富。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EN/enas1103/2011-8-28_142524_2010101623.08.19.64x64.jpg ena0725 さんのアバター

    ena0725

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    7
    平成17年度社労士試験合格。19年社労士登録。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/TO/tokyoyuka/2011-10-28_23118_SH3L00053.64x64.jpg tokyo-yuka さんのアバター

    tokyo-yuka

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    1
    4年生大学卒 日本年金機構の職員を経て2010年開業登録 現在も年金相談窓口業務を担当 その他スクール社労士科講師など
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/TO/tondensr/2011-10-24_8272_bigshirt.64x64.jpg beallears-sr さんのアバター

    beallears-sr

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    86
    法学部卒業
 
 
 

雇用・労働 についての関連する質問