JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

働いていた会社と揉めています。 6月30日に突然「7月から会社から退いてもらう方向で・・・と会議で決定した」と言わ

解決済みの質問:

働いていた会社と揉めています。
6月30日に突然「7月から会社から退いてもらう方向で・・・と会議で決定した」と言われました。
本来であれば一ヶ月分給与を支払えばいいところだけど、会社としては気持ちとして2か月分払う気持ちがあります、どうしますか?と言われました。
突然の事だったので整理がつかず、出社するなと言われればそうするしかないので、それについてはわかりました、けど、給与に関しては今返事できませんと言ってその日は帰りました。
考えた末に「二か月分では納得できない、6か月分請求します、本来であれば残業代の請求もありますが、条件を飲んでいただけるのであれば残業代の請求はいたしません」と言う内容証明を送りました。
その条件を会社側は蹴りました。その後、何度か内容証明でのやり取りをしましたが埒が明かず、最終的に残業代の請求をしました。それに対して会社側は直接労働基準監督署に出向き、相談員に私 が請求した額より少ない残業代と2か月分の給与を支払うつもりがある、という話をしていかれたそうです。
私が精神的に無理だと言うことで直接での話し合いを拒否していたので、会社側があっせんの申請をしました。
労働基準監督署の方に聞いた話でまとまるものだと思い、私はあっせんを受けました。
9月28日、あっせんに出向きましたが、その場で会社側は労基に出向いたこと、そこで具体的な金額を話した事、いっさい語らず、あっせんは全く意味のないものとなりました。
労働審判に持ち込む事を決めましたが、お聞きしたい点を述べます。
1・法廷労働時間外の請求をしたいのですが、私の手元にはタイムカードのコピー3か月分しかありません。タイ  ムカードの提示はしてもらえるのでしょうか?
2・慰謝料としてではなく残業代の請求としてやりたいのですが、勝ち目はありますか?
会社側は一方的に6月30日で社会保険の失効手続きをして、離職票が送られてきたのは10月5日でした。
私はその間、失業保険の手続きもできず、無収入でした。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

お世話になります。2つのご相談に回答させていただけたらと思います。

 

 

1・法廷労働時間外の請求をしたいのですが、私の手元にはタイムカードのコピー3か月分しかありません。タイムカードの提示はしてもらえるのでしょうか?

 

会社にタイムカードの提示を請求して下さい。ただし会社に提示の義務はありませんので拒否してくる可能性もございます。その際は労働審判の中で、「労働基準法109条により、タイムカードは3年間の保存義務がある。私は出勤した際には毎回タイムカードを打刻している。会社にタイムカードの提示を求める。」と主張して下さい。

ですので1回目の審理の際は大まかな(ご相談者様の記憶の範囲で)残業時間を紙ベースにしておき提示。そして上記の主張をして下さい。

ただし賃金(残業代含む)の請求の時効は2年間です。(労働基準法115条)

そのため請求できるのは過去2年分ということになります。

タイムカードを3年間保存することを義務付けている労働基準法109条違反は、「30万円以下の罰金」という罰則が設けられております。罰則が適用されるかは別として、会社の行為はこのような違法行為である、ということです。

 

 

2・慰謝料としてではなく残業代の請求としてやりたいのですが、勝ち目はありますか?

 

実際に残業をして、そして実際に残業代が支払われていないわけですから、当然勝ち目があります。時間外手当の未払いは労働基準法37条違反です。ご質問1で回答させていただいたように残業があった事を立証すれば会社は時間外手当を支払わなければならない義務があります。

会社が労働審判の中で「〇さん(ご相談者様)は雇用期間中、残業はなかった」と主張するのであれば、タイムカードを提示できるはずです。

 

うかがいましたご相談の内容から、ご相談者様の「残業代支払い要求」が極めて有利な状況だと思われます。ただし労働審判は原則3回以内の審理で終わってしまいますので、1回1回の審理がとても重要です。

 

出来うることならば、申立書等の作成やご相談を直接弁護士か特定社会保険労務士にされた方が確実です。(もちろん労働審判は独力でも対応できる制度です)

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問