JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
srleeに今すぐ質問する
srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 207
経験:  早稲田大学卒業 1999年社会保険労務士登録 産業カウンセラー ハラスメント防止コンサルタント
70981215
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

はじめまして。私は有限会社の取締役です。 (代表取締役は無しで取締役は一人のみで、所長を兼務しています) 当社の

質問者の質問

はじめまして。私は有限会社の取締役です。
(代表取締役は無しで取締役は一人のみで、所長を兼務しています)
当社の副所長が部下にパワハラをしているとの訴えがあり、
会社は どのように対応したらよいでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  srlee 返答済み 5 年 前.
ご質問ありがとうございます。

パワハラ事案が社内で起こってしまい、対応にお困りという状況なのですね。

双方の当事者から事情を聞いたということですが、具体的にどのような内容でしょうか。内容いかんによって、会社としての対応も変わってきます。

また、御社には就業規則はありますでしょうか。そして、その中にパワハラについての懲戒規定はございますでしょうか。

以上について、くわしい情報をいただきたく、お願い申しあげます。
質問者: 返答済み 5 年 前.

返信ありがとうございます。
お世話になります。


 


私は女性です。副所長と部下は男性です。


副所長は私を一緒に会社を創立し、会社の運営 経理 総務などを全部やっています。


今回の対象となった部下は 副所長が採用してほしいと連れてきました。


まだ入社してから一ヶ月半です。


その部下の奥さんに内職をしてもらう約束(月三万円ぐらい)だったのを、いきなりメールで中止する旨 送信したそうです。


 


副所長は部下のやり方が気にくわない(人間関係の作り方など)そうです。


パート女性につきまとった、などど 他の職員のいる前で侮辱しました。


 


 


その部下は副所長とは仕事をやっていけないと不信感でいっぱいです。


 


副部長は自分が詫びるという謙虚な姿勢は見られません。その部下と仕事をしていきたくない態度です。


 


他の職員も副所長の機嫌を損ねないようにと怯えてて 安心して働けません。


 


 


もう一つの質問ですが・・・


就業規則はありますが、雛形通りで 実際に活用できていません。


お恥ずかしい話です。


早急に見直しが必要です。


 


 


 


 

専門家:  srlee 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます 。

それでは、双方から事情を聞いた上で、パワハラの事実(副所長が部下の人格を侮辱した)があったとお考えなのですね。また、今回パワハラを申し立てた部下の方以外の従業員にも影響が出ているという状況ですね。

まず、部下の方については、この件についてどういう希望なのかを確認してください。具体的には、副所長に謝罪してほしいのか、なんらかの罰を与えてほしいのか、異動が可能だとしていっしょに働きたくないのか、自分が退職したいのか、などです。

もちろん、会社としてできることとできないことがありますので、すべてその部下の方の言うとおりにする必要はありませんが、できる部分については、誠意を持って対応し、できないことについては、理由をあげてできないことを説明してください。

そして、行為者の副所長に関しては、就業規則の中の懲戒事由に該当するかどうか検討して、もし該当する条項があれば、なんらかの懲戒を与えるべきでしょう。もし該当する条項がなければ、懲戒はできませんが、部下に謝罪し、今後は言動に気をつけるよう約束させる必要があります。

ただ、一方的に責めるのではなく、副所長の業績について認められる点は認めて、会社としては、今後ほかの従業員との良好な関係を築けなければ、事業の発展はのぞめないという観点で、謝罪するよう説得してください。

そして、ほかの従業員に対しても、会社はパワハラを許さないということを、はっきり言明する必要があります。

また、今後このような事案が起こらないように、パワハラに関する研修、コミュニケーションに関する研修を全社員に受講させるとよいでしょう。

副所長は創業の仲間でもあり、仕事のパートナーでもあるということで、たいへん頭が痛い状況だとお察ししますが、事業の発展という観点では一致できると思いますので、今後のためにも、よく話し合ってください。

就業規則は社内のルールの基本ですので、おっしゃるように早急に見直して、トラブルにも対応できるようにすることが必要と存じます。

srleeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  srlee 返答済み 5 年 前.
プラスの評価をいただき、まことにありがとうございました。
また、ボーナスもちょうだいいたしまして、重ねてお礼を申し上げます。
事態が無事収拾されることをよそながらお祈りしております。

雇用・労働 についての関連する質問