JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

はじめまして。よろしくお願いします。私は今回定年まで働くつもりで、子育てもしながらなので{次世代育成支援対策支援法の

質問者の質問

はじめまして。よろしくお願いします。私は今回定年まで働くつもりで、子育てもしながらなので{次世代育成支援対策支援法の認定事業所}と{ワークライフバランスに着手の向上}が求人の条件欄にあった正社員をハローワークより紹介で受け合格しました。
しかし中に入ってみると、定時で帰れなく、休憩もままならぬ、有給なんてとんでもない会社でした。
指示する幹部はいっさい現場に来ることはなく、パートや正規職員を呼んで、状況を聞き把握する程 度でした。
その幹部が女性で病院院長の愛人らしく、誰一人逆らえない状況です。
邪魔になる人は切り捨てていき、すべて指示する人で、げんばのチーフや栄養士が説明しても、聞く耳を持ちません。残業になるのは、能力がないだけとみなし、12時間労働する人もいます。
私は幹部に指示で入って3日目で朝の食事(お年寄りとかなので、とろみや小さ目や刻みやと細かいです)2選択メニュウーで50食あまりを一人で作らされ、8時に休む暇なくお昼の食事(従業員の子供の保育所12名、ジムの軽食50食分、病院の職員10名、病院食50名)の2選択メニュウーを1人でやりなさいとの指示でした。私ができないのはチーフの責任になり、まず病院なので遅れるわけにはいきません。
最終確認も私がするので、本当に刻みやとろみの間違いがないか、誤飲があれば大事になると、精神的に疲れました。2週間ですが限界です。幹部に話してやめようと思います・しかし幹部は話をねじ伏せるでしょう。
話が違いすぎでこんなことはあるのですか。何を信じて求人を探せばいいのでしょうか。
今、いる人たちも助けてあげたいです。サービス残業で毎日何時間も職場にいますから。
助けてください。教えてください。どう行動すればいいですか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

劣悪な環境でのお仕事、ご心痛お察し申し上げます。

 

現実には求人内容と相違する事業所があるのは確かです。こればかりは外からはわかりません。何の問題もない会社を探すとなると、友人や親族が経営している、勤めている、という内情が入社前から把握できる会社にお勤めになるしかありません。

多かれ少なから「始めの話と違う」という事はどこの会社にもあります。ただし程度の問題があります。

 

ご相談者様がどのような労働条件で入社されたのかはわかりませんが、「定時で帰れなく、休憩もままならぬ、有給なんてとんでもない会社でした。」との事ですので、著しく始めの話と違かったものと推察いたします。

 

 

まず退職についての回答ですが、労働基準法15条2項ではこのように規定しております。

【労働基準法15条2項】

明示された労働条件が事実と相違する場合においては、労働者は、即時に労働契約を解除することができる。」

 

つまり当初の労働条件と、入社してみての実態が相違している場合は、即時に労働契約を解除出来ることになっております。お辞めになる場合には、この労働基準法158条2項に基づいて即時にお辞めになれます。

 

 

次に、「今、いる人たちも助けてあげたいです。」とのご相談に回答させていただきます。

このような労働トラブルを監督するのは労働基準監督署です。ですので労働基準監督署に申告を行い、公的機関に調査に入ってもらい、会社へ改善を指導してもらう、方法があります。

申告するのは会社の住所地を管轄する労働基準監督署になります。そこで会社の違法行為を申告して下さい。ご注意いただきたいのは、「相談に来ました」だけでは動いてくれないケースがほとんどです。「会社の違法行為を申告します」と、「申告」である旨をきちんとお伝えいただけたらと思います。

 

会社の違法行為を以下に列挙します。

法定通りの休憩を与えない(労働基準法34条違反)

サービス残業させている(労働基準法37条違反)

ですので、労働基準監督署への申告の際には「会社がまともに休憩も取らせてくれない。残業しても残業代を支払ってもらえない。労働基準法34条と37条に違反してますので、申告します。」

と申告して下さい。

 

労働基準監督署は労働者からの申告により、聴取や調査を行い、会社の違法行為を確認したら都道府県労働局長から会社に対して助言・指導が行われます。この労働局長による助言・指導制度を利用して、会社の実態を明るみにし、現状の劣悪な労働環境を改善させていただけたらと存じます。

 

ご参考までに香川労働局ホームページ・労働局長による助言・指導のURLを以下に添付させていただきます。

http://kagawa-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/hourei_seido/5-11.html#jogen

雇用・労働 についての関連する質問