JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

2006年5月から契約社員として働いていた職場を、今年の9月いっぱいで辞めることとなりました。 Iという会社の業務

解決済みの質問:

2006年5月から契約社員として働いていた職場を、今年の9月いっぱいで辞めることとなりました。
Iという会社の業務請負(ヘルプデスク)をしている、Mという会社と契約をしていました。
ほぼ3ヵ月に1回契約更新を行い(一時、6ヵ月で契約をしたことがありま す)、勤務してまいりました。
私が勤務し始めたころは特にM社が請け負っている業務ではなく、他の会社からも同じ仕事をするために勤務されており、最初はM社の正社員はおりませんでした。
2006年7月、M社の正社員の男性、私と同様契約社員の女性、私が勤務する数ヵ月前に勤務が始まっていた契約社員の女性、私の4人態勢で働くことになりましたが、正社員の男性の勤怠が悪く、「体調不良」と言ってお休みすることが多々あり、1週間続けて勤務されたことがなかったように記憶しております。
M社が請け負っていた業務範囲は広く、また、2006年当初は1日100件を超える問い合わせがあり、かなり残業も発生しましたが、契約社員3名で力を合わせて乗り越えてきました。
結局、正社員の男性はまともに勤務ができないまま、診断書を提出して2008年の初めに辞めていきました。
その後、「正社員」と呼ばれる方が何人もやってきましたが、プライドだけが高くて仕事ができない、勤務中に居眠りをして仕事を覚えない、勤務をして1年くらいすると突然辞めてしまう等、まともに働ける方は中々きませんでした。
2008年の3月か4月にお見えになった方が「リーダー」となり、現在もリーダーとして勤務していますが、この方もよく「体調不良」といって突然休があり、私としてはあまり信用していませんでした。

前置きが長くなって申し訳ございません。
勤務状況が芳しくない状況であった中、私が辞めたら周りの方々に迷惑をかけると思い勤務を続けてまいりました。
ここへきて他に2人、普通に勤務できる正社員がお見えになり、自分自身の今後を考え医療事務の勉強をして資格を取り、正社員を目指して仕事を探すことにしました。

昨年末に「6月末で退職」ということでお願いしておりましたが、3月末に正社員が心の病が原因で辞める為、9月まで延期して欲しいとの申し出を受けて期間を延長しました。
(その後、期間延長の話はありませんでした。)

ハローワークに通って新しい仕事を探しておりますが中々見つからず、失業保険を受けたいと思っておりましたが、離職票の離職理由に「ご本人のお申し出による契約期間満了」と記載されていました。
生活のことがあるので、「ご本人のお申し出により」を抜かしていただくことはできませんか、とお願いしたところ、ハローワークから離職理由の確認の連絡が必ずあり、その時に嘘はつけないとのこと。
嘘ではなく、ただ「契約期間満了」とだけ仰っていただくことはできないのですか、と伺ったのですが、きいていただけませんでした。

M社の言うとおり、「契約期間満了」ということにしていただくのは、難しいのでしょうか。

お忙しいところ大変恐縮ですが、ご教示いただければと思います。
宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
契約期間のある有期労働契約の場合は、その契約期間満了後に労働者が引続き就労を希望しているかどうかによって失業保険(雇用保険の基本手当と言います)を受けるための条件が変わってきます。

つまり、労働者本人が引続き就労を希望しているのにもかかわらず、会社が契約更新をしないということであれば、会社都合による離職となります。

これに対して今回のご相談のケースのように、「自分自身の今後を考え医療事務の勉強をして資格を取り、正社員を目指して仕事を探すことにしました。」ということで あれば、残念ですが自己都合退職として取り扱われてしまいます。

会社都合退職の場合は7日間の待機期間の後、失業保険を受給することができるようになることに対して、自己都合退職の場合は、7日間の待機期間の後、3か月の給付制限期間があります。

この判断のポイントについては、あくまでも労働者本人が引続き就労を希望しているのにもかかわらず、会社が契約の延長をしているかどうかです。

仮にあなたの退職する理由が正社員の職を探すためだったとしても、契約期間満了にともなって会社が更新を申し出ないため離職したというのであれば、それは会社都合となるでしょう。

そのためハローワークに行って会社が更新をしてくれないために、離職した旨を申し出るとよろしいでしょう。ハローワークは労働者の申し出、会社の言い分双方を聞いた結果、自己都合か会社都合かを判断してくれます。

なおハローワークに申し出る際には、退職の理由(正社員の職を探したい)については言わずにあくまで、会社が契約更新をしてくれなかったことだけを伝えるようにしてください。

takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.


回答、ありがとうございました。


離職理由の一文を削除する、ということは簡単に行っていただくことはできない、ということでしょうか。

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
離職理由の一文を削除するのは特に難しいことではありませんので、後は会社が修正することに応じてくれるかどうかは会社がどう判断するかによります。

仮に修正に応じてくれない場合であっても
離職票にある離職理由については、あくまでも会社が任意で記載したものです。
そのため、離職の理由が記載どおりであれば、特に異議なし、離職の理由が実際とは異なるのであれば、異議申立てをされればよろしいかと思います。

ハローワークでは、異議申立てがあれば双方から事情を聞いた上で判断します。
質問者: 返答済み 5 年 前.


ありがとうございました。


 


契約更新をしない旨を伝えた際、あまりにも頭に来ていたのでM社が何も言えないように「正社員を目指す」と言ってしまいました。


ですので、ハローワークから問い合わせがあればきっと言われてしまうと思われ、修正をお願いしてきたのですが受け入れてもらえず…


 


正社員が続かない中、努力してきたつもりですが認めてもらえなかったんだなってガッカリしています。


 


まだハローワークに持っていく離職票が届いていないので、届き次第ハローワークに行って相談してみます。


 


本当にありがとうございました。

雇用・労働 についての関連する質問