JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

主人がSに勤務しています。勤続18年になる主任ですが、来年の3月21日までに退職しないと、退職金が無くなり

解決済みの質問:

主人がSに勤務しています。 勤続18年になる主任ですが、来年の3月21日までに退職しないと、退職金が無くなり、年金に上乗せになると聞きました、こういう事はあるのですか? 又、辞めた場合退職金はどのくらい貰えるでしょうか?

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

まず始めに、

「辞めた場合退職金はどのくらい貰えるでしょうか?」

とのご相談ですが、退職金制度というものは法律で義務付けられた制度ではなく、任意に会社が設定する制度ですので、いくら貰えるかはその会社の就業規則の定めによります。退職金制度を設けている企業は必ず退職金の支給対象や支給基準を就業規則に定めておりますので、その内容をご確認いただかなければいくら支給されるのかはわかりません。

ちなみに就業規則は、労働者がいつでも見られるようにしなければならない、と労働基準法106条で定められておりますので、会社に「就業規則を見せてください」と頼んで内容を確認していただけたらと思います。労働者に就業規則を見せないのは労働基準法違反という違法行為です。

 

次に、

「来年の3月21日までに退職しないと、退職金が無くなり、年金に上乗せになると聞きました、こういう事はあるのですか?」

とのご相談ですが、このように退職金の支給方法を変えるには会社は2通りのやり方があります。

①労働者と合意して変更する方法

②就業規則を変更して支給方法を変更する方法

①の方法については、会社とご主人様が合意して変更したわけではないのでしょうからこの方法で変更したのではありません。

となると、②の方法で退職金支給方法を変更した、としか考えられません。

会社が就業規則を変更するには、労働組合や従業員の過半数を代表する者の意見及び署名捺印がなければ行えません。労働組合がある会社であれば、労働組合が就業規則変更の意見書を書いて署名捺印したものと思われます。そして変更した就業規則は、変更後に変更内容を労働者に周知する義務があります。変更の届け出をしても労働者への周知がなければその変更は無効とされています。

今回どのルートでご主人様に話があったのか存じ上げませんが、この「周知」が行われたものと思われます。

お勤め先が大手のため、労働組合が存在すると思いますので、就業規則変更届に労働組合としての意見記入と署名捺印をしたから就業規則が変更されたはずです。ですので、就業規則変更に対して労働組合がどのような意見をしたのか、労働組合に確認することが先決でしょう。もし 労働組合が就業規則の変更に対して反対意見を書いたにも関わらず、会社が変更を強行してきたのでしたら、労働組合として何らかの反対行動をとるべき問題です。(なお、就業規則の変更に対して労働組合が反対意見を書いたとしても、変更届自体は受理されてしまいます。意見に記入が義務付けられているわけではなく、労働組合の意見が記入されていれば受理されます)

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問