JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

ガス会社の 検針員を しています。今迄 定年は ないとのことで 半年契約で 更改してきましたが 今年12月に 65

解決済みの質問:

ガス会社の 検針員を しています。今迄 定 年は ないとのことで 半年契約で 更改してきましたが
今年12月に 65才を前にして 来年3月で 次の更改はしない と いう 契約書を わたされました。
65才定年に 決まったとのことでした。23年 つとめてきて 各種保険に 入れたのも 6年前 退職金もなしです。 きょう 納得できないと 言いましたが 担当者はただ頭っを下げるしかない。とずっと黙ったままでした。期間が延ばせないのなら 退職金を 考えてくれと 言って一応契約書は 預かってきましたが このまま
契約書に印を 押して 3月までで やめるしかないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

預かってきた契約書は10月~3月の半年契約の契約書でしょうか?それであれば印を押して提出しなければ半年間の更新ができませんので、きちんと提出していただけたらと思います。

退職金という制度は法律で会社に義務付けられた制度ではありませんので、退職金制度がない会社であれば、それは違法ではありません。

まずご相談者様としては、会社の就業規則を確認してください。

そこに定年退職が何歳に定められているか、退職金の支給基準がどのようになっているかを確認していただけたらと思います。就業規則はいつでも労働者が見られるようにしておかねければならない義務が会社にあります。

 

ご相談者様が取る手段はあります。

厚生労働省(旧労働省)の重要通達では「期限の定めのある労働契約を長期間更新してきた労働者は、期間の定めのない労働者と同様とみなされるので、期間満了によって契約の更新をしない場合であっても、解雇と同様の取り扱いとする」(要約)とされています。

ご相談者様はまさしくこれに該当する労働者です。

つまり3月末で解雇、という取扱いになります。

解雇であれば、合理的理由が必要となります。合理的理由のない解雇は、解雇権の濫用として無効とされます。つまりご相談者様は不当解雇を主張するわけです。

不当解雇の判断を下してもらうには、労働審判や裁判でしか期待できません。

 

ここでは労働審判のご説明をさせていただきます。

【労働審判】

地方裁判所に申し立てをすると、労働審判官(裁判官)と労働審判員(弁護士などの専門家)が労使双方の主張を聴き、証拠の認定を行い、原則3回以内の審理で調停や審判をしてくれる国の制度です。審理の中で解雇無効や慰謝料の要求をしていきます。

裁判ではありませんので、弁護士を依頼する必要はありません。

労働審判は当事者に参加義務がありますので、労働者が申し立てをしたら、会社側は労働審判への参加を拒否できません。

提示された調停や審判を両者が受け入れれば、その内容で和解が成立します。

最終的に、提示された調停や審判に当事者の双方若しくは一方が異議申し立て(不服)をしたら労働審判は打ち切りとなり、通常の訴訟に移行する、という制度です。

ご参考までに、裁判所ホームページの労働審判のURLを以下に添付させていただきます。

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_02_03/index.html

 

労働審判の中で、不当解雇=雇用継続を主張してもいいですし、退職させられたとして精神的苦痛などを主張して金銭での和解を主張することもできます。

今回の更新手続きが完了した後で、これらの手段を考えている、という事を会社の担当者に伝えてみるのも一つの方法かもしれません。会社が折れてきて、退職金支給などで解決を図ってくることも期待できます。

 

何も行動をしなければ、間違いなくこのまま3月で契約終了、金銭の支払いは無し、で退職になってしまいます。事前に労働基準監督署へご相談されるのもよろしいでしょう。

 

会社との交渉で解決できない場合は、労働基準監督署への相談や労働審判の申立てといった第三者介入で解決を図ってください。

質問者: 返答済み 5 年 前.


10月から 3月までの雇用契約書ですが 文面に次回の契約更新は しないと 明記されていますが 明記されたままで 更新してしまって あとで アクション 起こして 訴えが 通るんでしょうか? サイン 印鑑を 押したので


無効と ならないんでしょうか?

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

次回更新しない旨を同意する文面なのでしょうか?

単に「次回は更新しない」というだけの内容でしたら、それは会社が「次回更新しない」という意思表示をしたですので、更新後も「契約更新して下さい」と会社に言い続ければいいだけです。

「次回は更新しないことに同意します」という内容の書面でしたら、サインしてしまったら更新しない事をご相談者様が同意した、ということになってしまいますので、サインはしない方がよろしいです。

サインしない事で「それでは9月~3月の契約も出来ません」と言われたら、不当解雇として先に回答差し上げました手段で争う事になります。不当解雇での争いが6ヶ月前倒しになる、ということです。

会社が強硬な態度を取り続ける限る、平和的に解決することは困難です。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問