JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
beallears-srに今すぐ質問する
beallears-sr
beallears-sr, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 146
経験:  法学部卒業
62487826
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
beallears-srがオンラインで質問受付中

9月18日から採用されていますが27日になってアルバイトだったことにしてそのほうが履歴書に傷がつかないからとかいわれ

質問者の質問

9月18日から採用されていますが27日になってアルバイトだったことにしてそのほうが履歴書に傷がつかないからとかいわれましたが実際1か月の試用期間中だからといって社会保険とかの手続きはしなくてもよいものなのでしょうか?解雇の理由証明書を出してほしいとお願いしたのですがそれも出してもらえないようです。どのようにするべきかお教えお願いします。 辞令とか労働条件通知書などは受け取りましたがいったいなんだったのかという思いです。1週間前の10日に以前勤務歴のある人が正職員として採用になっており人員が余っているという理由も一つのようですが採用通知(3日付け)から勤務するまで2週間ほど時関はあったのだから採用前に断ってくれるなどすればその間に他を探すこともできたのにこの状態をどのように理解すればよいものか、、15日付けで退職した前の勤務先から退職証明書はもらいましたがまだ離職票は受け取っていない状態です。よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  beallears-sr 返答済み 5 年 前.

回答させていただきます。

 

まず、社会保険(健康保険・厚生年金)ですが、試用期間だからかけなくて良い

ということは典型的な事業主の間違いです。

社会保険はフルタイムで期間の定めのない雇用を予定して採用したのであれば強制

加入です。

(試用期間=有期契約ではない。試用期間とは、簡単にご説明すれば、正社員として

契約をしているが事業主から見て最初の数ヶ月間であれば条件を課して解雇を

しやすい期間であるというだけのものです。)

ちなみに加入してもらえない場合は管轄の年金事務所に通報することで調査して加入を

する流れが取れます。

 

次に、解雇になったが解雇理由の証明書を受けていないということだと思います。

会社が発行しないのであれば、少なくとも今のところ会社の主張は「理由は説明でき

ないが解雇にした」と捉えることになるでしょう。

会社が解雇する場合は以下の2つがポイントになります。

 

1、解雇する場合は、労働者本人に解雇にすることを通知をした日の30日以上あとの日を解雇日としなくてはいけない。

ただし、試用期間14日以内にあったものはこの法の

適用から除かれる。(労働基準法20条・21条)

2、解雇する場合は、理由が必要であり、その理由が明確でなく合理的で社会通念上

 相当なもの(過去の裁判例に照らして常識的なものという意味)でなければ

 無効にできる(労働契約法16条)

 

以上のうち、本来1は、行政の調査指導対象の事案なので、違反があった場合には

労働基準監督署に通報すると調査・指導の対象になりますが、

今回が試用期間14日以内の出来事ならば

違反はないことになります。この場合は2の検討に入ります。

 

2は調査・指導はありませんが、労働トラブルとして都道府県労働局で

助言(指導のような強いものではないが、職員が話を聞いてくれて、場合によっては

トラブル解決のために会社に電話等で関与してくれるもの)や必要によって「あっせん制度」

というものを案内してくれます。

あっせん制度とは調停の簡易版で裁判所外で行われる労働民事問題の

紛争解決制度です。

労使の間に弁護士等の専門家を労働局が入れてくれて和解を目指すものです。

無料で手続きも簡単ですが、調停の簡易版なので、労使で専門家立会いの下で話し合い

(労使はかち合わないよう配慮されます)和解を目指すものであり打ち切りもあり得ます。

そこまでの強制力しかありませんが、会社も紛争を大きくするのは得策でないと通常は考えます。

 

ですので、結論といたしまして

・社会保険は退職までの加入を希望かつ会社の誤った認識を通報したい場合は会社の

 住所を管轄する 年金事務所に相談・通報。

・解雇になったが理由を述べられない理由なく解雇になったこと自体に納得がいかない

 場合は、 都道府県労働局の労働相談コーナーで相談し助言してもらう又は

 「あっせん制度」の申し込みを検討し、お金をなるべくかけずに紛争も大きくしない

 ように解決するのがベストと考えます。

 (解雇通知と解雇日の期間の関係は、試用期間14日以内の出来事ならば、今回は

 違反なしと考え、解雇理由の不当性がポイントになるということです。)

 

なお、離職票の発行が遅い場合(通常は退職日の翌日から10日以内、事務処理が

遅いとして大目に見ても2週間以内が通常です。)来なければ会社の住所を管轄するハローワークに相談し催促をしてもらうのがベストです。

 

いずれにしても、辞令と労働条件通知書は何をするにしても

会社が質問者様を「試用期間は付いているが正規の社員として雇い入れた」ことを

証明する重要な証拠となりますので、大事にとっておくことが重要です。

 

以上、少し長くなってしまいましたが

お役に立てば幸いでございます。

雇用・労働 についての関連する質問