JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

従業員の退職金は、別に定める退職金規定により支給する。と就業規則にあるのですが、別に定める退職金規定が公開されていま

解決済みの質問:

従業員の退職金は、別に定める退職金規定により支給する。と就業規則にあるのですが、別に定める退職金規定が公開されていません。今月14日に退職したのですが、今から、退職金規定を公開するよう要求することは可能ですか?また10月末までに支払うといっているのですが、これは合法でしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

早速、回答させていただきます。

 

退職金については労働基準法上に定めはなく、会社が独自にその支給対象者、支給率、支給時期等を決定できるものです。

本来、退職金規程がなければ会社はその支払い義務はないのですが、貴方の会社のように退職金規程を設けている以上、退職金は労働基準法上の賃金と解され、退職金規程通りに支払わなければ違法となります。

退職金規程も就業規則の一部ですので、その退職規定を公開(周知)していなかった時点で、違法です。

会社は労働基準法第106条により、就業規則の周知(従業員がいつでも見れる状態にしておくこと)義務が定められています。

貴方はすでに退職されているということですが、労働基準法上には就業規則を退職後の従業員まで周知させる義務は定めてありません。

よって、まだ在職中の同僚に確認してもらうのが早いのですが、難しいようであれば、労働基準監督署に見せてもらうようお願いしてみるとよいでしょう。

従業員が10人以上の職場は労働基準監督署に届出の義務があります。

仮に、10人未満で届出義務がない場合でも周知義務を果たしていなかったということで、会社に対し、指導をしてもらい内容を確認されるとよいでしょう。

 

>10月末までに支払うといっているのですが、これは合法でしょうか?

先に申しましたように、退職金の支給時期も会社が独自に定めることが出来ますので、退職金規程にどのように定めてあるかによります。

例えば支給時期が退職日より30日以内などとなっていれば、違法となりますし、2カ月以内となっていれば10月末までの支払いでも問題ありません。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問