JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

今月退社を決め、締め切りまでの三週間有給休暇を取りたいと部長に申し出たところ難しいと断られました。 勤務は正社員で

解決済みの質問:

今月退社を決め、締め切りまでの三週間有給休暇を取りたいと部長に申し出たところ難しいと断られました。
勤務は正社員で三年半ほどで、普段有給は使用出来ない為全く使ってません。営業職で一日の拘束時間は12時間は越えていますし、週六日は出勤しています。どれぐらい有給が残っているかとそれを消化するためにはどのように動けばよいのか教えてください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.

有給休暇については労働基準法で定められており、
雇入れの日から起算して6か月の間に、全労働日の8割以上を出勤した労働者に対して
与えられなければならないとされています。

 

通常入社から半年経った時点で10日、その後1年ごとに11日
12日、14日と増えていきます。

 

但し2年間で時効となるために、今年の分と昨年の分の合計が取得できる最大の日数として
計算します。

 

有給休暇については、取得することを会社に申し出ることで
その権利が発生するものです。会社の都合で断ることはできません。

 

会社が難しいと言うようであれば、
まずは、このことを説明しましょう。

 

それでも取らせなけれ無いようであれば
労働基準監督署に相談をするしかないと伝えましょう。

 

仮にそれでも取らせないようであれば、
書面で休暇申請の申し出をしましょう。

 

会社がその分に対して欠勤扱いをするようであれば、
未払い賃金として労働基準監督署に申告をすればよろしいでしょう。

 

参考までに年次有給休暇の付与日数についてはこちらをご確認ください。
http://osaka-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/roudoukijun_keiyaku/hourei_seido/kyuka/rokiho39.html

takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問