JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

看護師をしています。担当の患者さんが多い時など記録も多くなり仕事が業務時間内に終わらないことが多いのですが、緊急手術

解決済みの質問:

看護師をしています。担当の患者さんが多い時など記録も多くなり仕事が業務時間内に終わらないことが多いのですが、緊急手術や緊急入院の対応などの大きな処置がないと残業を申請しても却下されます。残業内容にナースコール対応y看護記録・不穏対応などでかくとそれは無理と言われます。残業開始時間も業務終了後15分後からの時間になっているのですが、(業務終了時刻から15分は休憩しないといけないとのことで)実際に患者さんの対応をしているときに、15分休憩など出来るわけもありません。このことは合法なのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.
ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

休憩は労働時間内に与えなければならないとされており、業務の始めや終わりの部分に与えるのは許されません。残業がある場合は、残業時間も含めての労働時間内に休憩を与えればいいのですが、実際に与えていない 休憩を与えていることにするのは、労働基準法違反です。
しかもその架空の休憩時間には実際に労働しているわけですので、その時間分の賃金が支払われていないのでしたら、賃金未払いの労働基準法違反にもなります。
上司などに言っても改善されないようでしたら、労働基準監督署に申告すべきケースです。
sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問