JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

XXXXのメール便配達(業務委託契約)をしております。上司?にあたる社員がタイムカードの不正打刻や不正業務を告発し

解決済みの質問:

XXXXのメール便配達(業務委託契約)をしております。上司?にあたる社員がタイムカードの不正打刻や不正業務を告発したところ、会社ではろくに調査せず、不正なしと結論を出しました。納得いかないので、何回も再調査を依頼しましたが、逆に次回から委託契約をしない様子です。この契約には時間内配達等労 働者扱いで委託(請負)契約といえない部分もあり不当解雇も納得できません。万一契約しないと言われたらどのように対応したらよいでしょうか?ご多忙とは存じますがお教えいただけましたら幸いです。こちらは何の不正もせずに業務を遂行しております。詳細はいつでもお答えいたしますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

ご相談者様と企業とが業務委託契約という取引先の関係ですので、次回から委託契約しない、という行為は解雇ではなく、期間満了による契約終了、と主張されてしまうと難しい問題であります。契約満了による委託終了、には何の違法もないからです。

ただしご相談を拝見すると、「時間内配達等労 働者扱いで委託(請負)契約といえない部分もあり」との事ですので、会社の偽装請負を追求する、という手段が考えられます。

業務委託の場合は、会社は指揮命令下において労働させることができず、委託先の裁量に任せるのが原則です。指揮命令下において労働させられるのは雇用契約を結んでいる労働者か、派遣労働者に対してのみです。

実際には指揮命令下で労働させておきながら、雇用契約ではなく業務委託契約にして社会保険逃れをしようとする行為が偽装請負です。ですのでご相談者様は、労働者としての「地位確認」の訴訟を提起して、業務委託契約ではなく実際は雇用されている労働者であった、という事を裁判所に認めさせる必要があります。労働者であったと認められれば今回の会社の措置は「解雇」になりますので、不当解雇を主張して訴えていくことができます。

相手が大手企業という事もあり、裁判となるとかなりの長期化が予想されます。

裁判と比べるとちょっとパンチが弱いですが、偽装請負ではないか、という内容を労働基準監督署へ申告する、という手段も考えられます。偽装請負は社会問題になっておりますので、労働基準監督署が調査等を行い、都道府県労働局長から助言や指導が行われる可能性もあります。

今回ご相談のケースは単に「委託契約の解除」を不服としても「期間満了による契約終了」で片付いてしまう問題ですので、上記のように「指揮命令下での労働であった」「実質、雇用契約の労働内容だった」を主張するところから始めなければ、問題の本質まで切り込んで解決することは困難です。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問