JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

転職のため現在の会社を退社予定ですが上司の対応に懸念があり質問させていただきます。 役職は係長です。 退

解決済みの質問:

転職のため現在の会社を退社予定ですが上司の対応に懸念があり質問させていただきます。

役職は係長です。

退社予定日より1ヶ月以上前に意思表示をしているが3ヶ月必要という。
脅しに近い言葉で引きとめようとする。
円満退社したいがある程度強行手段が必要と考えている。
退職金をもらえ、次に行く会社に迷惑かけず又、法的には円満退社になるようにしたい。

このような状況です。アドバイスお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

上司からの脅しのような引き留め、ご心痛お察し申し上げます。

会社が退職を認めない、受け付けない、というトラブルはよくございます。これに対抗するには、内容証明郵便(配達記録付)で退職届を会社に郵送して提出することです。

内容証明郵便ならその内容を郵便局が証明してくれますし、配達記録付にすることで、「受け取っていない」という会社の嘘も通用しなくなります。

退職の申し出は口頭でも、郵送でも認められます。

きちんと退職の申し出の意思表示をした、という証拠が残せるのが内容証明郵便のメリットです。

次に法的なお話をしますと、民法627条では「退職の申し出から2週間が経過すれば、退職することができる」(要約)と、退職の自由を認めています。

上記の内容証明で提出してしまえば、会社が「認めない」「保留中だ」などと言っても、法的に退職することが可能です。退職に会社の許可はいらない、ということです。

もちろん法的に認められた退職の申し出及び退職方法ですので、このやり方で退職したからと言って退職金を不支給にしたり減額することは認められません。ご相談者様は何も悪いことをしていないのですから、不支給や減額する理由が存在しないのです。

意思表示は1ヶ月前までという社内規定や就業規則があるのでしたら、内容証明郵便での退職届→1か月後に退職、という流れでよろしいかと存じます。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


回答ありがとうございます。


 


内容証明書は最後の手段と考えます。


 


次の会社に影響しないかも心配ですし。


 


出来るだけ穏便に円満にと希望していますが


(もう少し話し合いはしようと思いますが)


 


例えば労基に相談はどうでしょうか。


 


 


その他には意思表示をして証拠は残すとして(念のため総務にも連絡しておく)


 


後は自分なりに仕事の整理をして退職日まで有給とする。


 


で会社に返すものは総務部へ又離職票等の受け取るものの請求をしておくとした場合はどうでしょうか。


 


又、補足ですが転職のきっかけが今年度の働き次第では降格


 


の可能性ありと言われました。自分では頑張っているつもりですが・・・。


 


まとまりがなくてすみません。


 


 


 

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

こちらからの返信が遅くなって申し訳ございません。

労基署への申告の方が、円満解決には遠いのでは、と思っておりましたので、内容証明での退職届を回答させていただいたのですが、ご相談者様が労基署への申告の方が手段としてとりやすい、という事であれば、そちらの手段でも全然大丈夫です。

お気をつけいただきたいのが、労基署は「相談に来た」だけでは「相談を聞く」だけで終わってしまう可能性もございますので、「申告します」ときちんと伝えてください。

「自分なりに仕事の整理をして退職日まで有給とする。で会社に返すものは総務部へ又離職票等の受け取るものの請求をしておくとした場合はどうでしょうか。」

とのご意向ですが、その方法で問題ありません。

退職の申し出から退職日までの期間で有給休暇を取得することは認められていますし、会社からの貸与品(制服など)はきちんと返却しておけば問題ありません。返却物で一番問題となるのが健康保険証ですが、退職日までに医者にかかる可能性もあるでしょうから会社には「退職日に郵送もしくは来社して返却します」と伝えておけばよろしいでしょう。退職日までは健康保険の被保険者ですからそれまでは返却する義務はありません。退職日が来てから速やかに返却すれば大丈夫です。

質問者: 返答済み 4 年 前.


度々ありがとうございます。


 


最終手段として内容証明書にしたいと思います。


確認ですが内容証明で退社した場合新しい会社への悪影響はありませんでしょうか?(会社にとって危険人物とか)


よろしくお願いいたします。

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

旧勤務社を退職する際に、内容証明で退職届を提出した事が危険人物とみなされる材料は何もありません。そもそもが会社が退職を受けつけない、という違法行為が原因なのですから。

旧勤務社と新勤務社でそのようなやり取りが行われるとは思えませんし、旧勤務社がご相談者様の転職先を知る術がないはずです。

質問者: 返答済み 4 年 前.


最後に質問させてください。


 


内容証明書を送る相手は


直属の上司、総務部、社長どちらが良いでしょうか。


社員300名弱です。自分としては総務部が良いですがよろしくお願いします。

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

労働者の入退社管理を行っている部署で結構です。総務部が管轄でしたら総務部、人事部が管轄でしたら人事部がよろしいかと存じます。

通常の退職届の提出であれば直属の上司なのでしょうが、「上司の対応に懸念がある」とのご相談ですので、総務部がよろしいかと回答させていただきます。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問