JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

今パートで働いています つい先日19時にタイムカードをきったのですが他の人の仕事が足りなかった ばかりに19時で

質問者の質問

今パートで働いています
つい先日19時にタイムカードをきったのですが他の人の仕事が足りなかった
ばかりに19時では終わらない仕事内容でした。

そのため19時にタイムカードをきり
ラスト作業も手伝うことになったので23時近くまで店にいました

頼まれた仕事は
21時30分まででした。


店には就業規則が 最近できました
賃金のページには「パートタイマーは除く」と書いてあります

つまりはそのページの割増賃金も除かれるわけですが
就業規則にしっかり除外されることが書いてあるのはいいんですか?

パートといえど社員より長く働いているのはざらにあります
むしろ社員のほうが遅く来て早く帰る
みたいなこともあります

パートだから割増賃金もらえないのですか?
特定の人物に(私を含めて)終わるはずない仕事量を時間はそのままで
やらせるのは違法とかではないのですか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

早速、回答させていただきます。

 

結論から申し上げさせていただきますと、パートであろうが、契約社員であろうが、割増賃金を支払わないとこは違法となります。

就業規則の中にある「パートタイマーは除く」というのは、あくまで労働基準法を超える部分のところです。

労働基準法が適用になる者は正社員、パート、契約社員などの雇用形態は関係ありません。

労働時間は労働基準法第32条により、1日8時間、1週40時間を超えて労働させることはできないと定められています。
これを法定労働時間といいます。

この法定労働時間を超える労働に対しては割増賃金の支払いが必要です。

何度も繰り返しになりますが、この法律が適用となる者に正社員、パート、契約社員などの雇用形態は関係ありません。

>特定の人物に(私を含めて)終わるはずない・・・

指示の仕方によってはパワハラにも該当します。

 

まずは実際に働いていた時間までの賃金を請求されるとよいでしょう。

それでも会社が応じないのであれば労働基準監督署に申告するしかありません。

労働基準監督署に申告することで会社に対して指導・是正勧告がなされます。

この際の注意点として、労基署の相談窓口は一般に非常勤の労働相談員が対応しており、単なる相談と受け止められた場合は、自助努力が強調され具体的な救済の動きにつながらないことがあります。

あくまで正式な申告であることを告げてください。

雇用・労働 についての関連する質問