JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 402
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

バス乗務員の休日の取扱いについて バス乗務員をしています。現在はもっぱら夜行高速バスに乗務しています。運行パターン

解決済みの質問:

バス乗務員の休日の取扱いについて
バス乗務員をしています。現在はもっぱら夜行高速バスに乗務しています。運行パターンは、1日目:18時に会社出発、2日目:10時前後に東京TDL着、仮眠先に移動して仮眠、20時ごろに東京TDLを出発、3日目:10時ごろに会社に帰着、4日目:18時に会社出発、以降同じパターンです。これが連続して10運行連続してほぼ毎日バス乗務しているのですが、会社では3日目10時入庫後から4日目18時に会社出庫するまでの間、休息8時間+24時間=32時間が確保されているから休日扱いとされ、9日~10日が自動的に休日扱いとされ、暦日(0時~24時)の休日が1日も なく、また本人希望の休みもありません。逆に「〇日は用事があるので休ませてほしい」と言えば、「君は休みすぎだ、給料を見直す(減額する)ぞ」と言われる始末です。
「厚生労働省労働基準局:バス運転手の労働時間等の改善基準」では確かに「休息期間8時間+24時間=32時間」以上の連続した時間が確保されれば休日扱いとしてもよいとされています。
この件で地元の労働基準監督署に相談したところ、担当の人もはっきりせず、法定休日は暦日で4日与えなければならず、改善基準でいう「24時間」は法定休日のことを言っており、暦日の24時間のことだから法定休日として会社がこの改善基準を適用しているのはおかしい、ただし法定外休日はこの扱いでよいと訳のわからないことを言って、なおさら訳がわからなくなっています。
32時間空いているといっても、乗務員としては夜行明けは帰って寝るだけ、翌日も夜行運行しなければならないので出社前に4時間ほど仮眠していて、休日扱いと言ってもほとんど自分の用事をしたり、真の休息をとることもできません。
また本人からすればほとんど毎日バス乗務しているようなものです。
このような会社の休日の扱いは適法なのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 4 年 前.

大変な状況の中御相談頂き誠に有難うございます。

 

御質問の件ですが、基本的には「厚生労働省労働基準局:バス運転手の労働時間等の改善基準」の通り、「休息期間8時間+24時間=32時間」以上の連続した時間が確保されれば休日として取り扱う事が可能です。

 

労働基準監督署の方は、「改善基準でいう「24時間」は法定休日のことを言っており、暦日の24時間のことだから‥」とおっしゃているようですが、改善基準の「24時間」=暦日といった定めは私の知る限り何処にも見当たりません。勘違い?の可能性もありますし、行政機関の回答がこのような曖昧なものでは貴方も困りますので、お手隙の際上位機関である労働局に改めて問い合わされることをお勧めいたします。

 

結局、法定休日に関しましては直ちに法令違反になる根拠はないものといえるでしょう。

 

但し、貴方も欠勤が多くなければ当然年次有給休暇があるはずですので、休みたい場合には年休を申請しましょう。年休を与えないとなれば重大な労働基準法違反となりますし、会社が持つ時季変更権(希望日ではなく別の日に与える権限)も事業に重大な支障を与える等余程の事情が無い限りは主張できません。

 

まして、年休を申請すれば給料を減額する等と脅かされるのも非常に悪質な行為ですので、このような事があるようでしたら労働基準法違反としまして労働基準監督署に申告し調査してもらうことも検討されるとよいでしょう。

jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問