JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 410
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

そこそこ有名な無認可のボランティア団体の地方責任者を1996年からしていました。(93年開設時からオープニングスタッ

質問者の質問

そこそこ有名な無認可のボランティア団体の地方責任者を1996年からしていました。(93年開設時からオープニングスタッフとして赴任)去年8月にスタッフが辞めたいと申し出た事から、団体創設者であり本部代表からこれを機に東京の本部に戻る(私は東京出身なので)ように勧められて、そのやめたいというスタッフに責任者を譲り、戻る決意をしました。とわ言え今年の3月いっぱいまで県からの助成の契約があり、3月までは口出しをしない代わりに給料40万をもらい、(本部代表からは30万と言われましたが、内情をよく知る私は40万を毎月もらいました。他県の責任者からするとそれでも少ない金額で在りましたし、講演などでの収入はなくなりましたし、経費も使えなくなりました。)そして退職金として一年をめどに月30万を来年の3月までもらう約束になっていました。退職金といっても本部からは給料が出ないので、去年の8月からはそのお金で生活をして本部の仕事をしていました。6月半ばに後任の責任者から本部代表に相談があると申し出があり、私も同席いたしました。その時の話では7月10日分(毎月10日が支払日)まではなんとか用意できるがそれ以降は厳しいとのことでした。私が絶句していると本部代表は、「分かった」と返事を私になんの交渉する余地も与えず、相談もなく勝手に話をおわらせました。それまでは本部代表から「来年3月までになんとか自分の給料分は作れるようにしろ」と言われていましたし、「19年も遠隔地で勤めあげたのだからきちんと退職金はとってやる」と言われていました。(退職金と言っても本来なら本部から出るはずの給料をもらっていないので退職金というのか?何というのか?)私はこの仕事が好きでしたし、代表 の事も尊敬していましたので、文句も言いませんでした。休日出勤だろうが、代表と講演の手伝いで話しても講演料の分前がコーヒーをおごってもらうぐらいだろうが、交通費がほぼ自腹だろうが、文句を言いませんでした。8月10日になって、給料は出ませんでした。代表もお金に困っていて、もうすぐ300万が代表のもとに入る事になっていたので家内から借りて生活して待ちました。結局その300万も9月10日に入る事になって、9月10日は10月に行くハワイのイベントの旅費11万1320円をカード払いで建て替えしたお金だけ2時過ぎにもらい、カードの支払期日が過ぎましたし、お金が未だ払えません。その9月10日、明日いくらかやるからと言われ、先月も少しまてと言われてもらっていないと伝えると、代表は怒り出しました。「19年もやっているのだからお前が俺を養え」といわれました。たしかに私も不甲斐ないとおもいます。でも、東京生まれですが、なれない地域で看板を自由に使ってよいから金を作れと言われても、6月半ばに急に言われても困りました。外務省への申請が遅れているからお前のせいだと言われても、5月から始めてもすぐにお金になるものでもありません。30分ほど怒られて、その後代表は関連施設にいきました。(関連施設の長である私の後輩に翌日話を聞くと10月から(たぶん10月25日)から15万の私の給料を払うようにねじ込んだそうです。)私は家に帰り少し休みました。2時間後起きたら左後ろ側頭部にしびれが出て、11日朝起きると、顔の麻痺が始まりました。すぐに病院へ行きました。レントゲンでは異常がなく、ストレスによる神経麻痺だと言われ、精神科への紹介状をもらいました。その病院は予約制で13日しか取れませんでしたので今日いくつもりです。12日、心配だったので知り合いの病院に行きストレスによる神経麻痺とやはり診断され薬を処方してもらいました。13日、カードの支払もあり代表に電話を入れました。(11日12日は給料を10月からくれる後輩から事情を話してもらい職場は休みました。)代表は病院でストレスでの麻痺だと伝えても「あんな精神科医に何がわかる。ストレスでそんな事になるなんて聞いた事もない。菌でも入ったんだろう」と聞く耳を持ちません。(本当は分かっていると19年の付き合いからおもいます。)不甲斐ないですがお金がないのでいただけないでしょうかというと「生活の最低限は払ってやる」といってそれ以上話したくなさそうに、お大事にと言って電話をきりました。(いつからの分でいつ払うともいわずに。)電話を切ってからしびれと痛みが強くおそってきました。代表ともめたくないですし、とは言えお金にも困っています。代表ともめるとこの業界で生きて行くのは難しいと強く思います。怒っているというより、信頼してきた分悲しいですし、また職場で何か言われるとまた痛くなると思うと怖いし、でも家内の事を思うとそんな事言ってられないですし(これからの生活費)、麻痺が治るかどうかも心配です。取り止めもなく長くなりましたが、私はどうしたら良いのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 5 年 前.

大変な状況の中御相談頂きまして感謝しております。

この度は折角のご投稿にも関わらず回答が遅れました件お詫びいたします。

 

御相談の件ですが、ボランテイア団体でも人を雇って給与を支払っている限りは労働基準法等の適用を受けます。

 

本来であれば、月1回の賃金支払が行われていませんので労働基準法違反の案件として争うべき事態なのですが、貴方が「代表ともめたくない」という事、そして今後もこの仕事を続けたいという事であれば、こうした対決姿勢も取りづらいでしょうね‥ 出来れば転職された方が望ましいでしょうが、ご家族もいらっしゃるということですので、ある程度の目途が立たないと厳しいというのも正直な処です。

 

但し、仕事のストレスで神経麻痺になってしまうとなりますと、このままただ我慢をするだけ‥というわけにもいきませんよね。

 

対応としましては、まず病気になっている以上治療を最優先することです。こうした心労が要因で発生する病気を悪化させてしまいますと、仕事自体が出来なくなってしまいます。とにかく心身さえ健康であれば、色んな選択肢がございますので、そうした仕事をし生活を問題なく送れる条件を確保されることが大切です。医師から休んだ方がよいと言われたら遠慮される事無くきちん と回復するまで休みましょう。これは今後の貴方の長い人生をダメにしない為にも最も重要な事です。また、この場合も本来ですと仕事のストレスが原因であれば医師に診断書を書いてもらい労災保険の申請をされるべきでしょう。但し、一時的な軽度のもので休業する必要性も全く無いようであれば、労災認定される保証がないことからももめ事を回避する上で申請されない方がよいかもしれません。

 

そして、こうした法 的解決が難しい状況で必要な事は、貴方の心の悩みを打ち明けられる相談者が身近にいることです。恐らくは、信頼出来る相談可能な第三者がおられないのではないでしょうか?そうでしたら、そのような孤立化した状態が高ストレスに繋がるリスクを高めているものと考えられます。貴方のような真面目にお仕事をされている方ですと、心の持ち方や代表とのコミュニケーションの取り方等で随分と状況も改善される可能性がございます。そこで、プロのカウンセリングを受けられる等心のケアを進められることがよいでしょう。精神科や心療内科等の病院でカウンセラーを紹介してもらうことも出来るはずです。ただカウンセラーといっても、ピンからキリまで様々な方がいますので、仕事の悩み相談に関する実績は勿論、実際に会って相性のよさそうな方を選ぶ事が大切です。

雇用・労働 についての関連する質問