JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
beallears-srに今すぐ質問する
beallears-sr
beallears-sr, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 146
経験:  法学部卒業
62487826
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
beallears-srがオンラインで質問受付中

上司から今年の二月からセクハラをうけています ロッカー室に呼ばれ抱きしめられお尻をもまれたり 毎日私の席に来ては

解決済みの質問:

上司から今年の二月からセクハラをうけています
ロッカー室に呼ばれ抱きしめられお尻をもまれたり
毎日私の席に来ては体を触ります、胸ぎりぎりから触り始めウエストお尻と触ります
明日話し合いをするのですが上司と二人で
どうしたらセクハラを認めさせ謝ってもらえるでしようか
いい方法を教えてください
よろしくお願いします
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  beallears-sr 返答済み 5 年 前.

回答させて頂きます。

 

セクハラの中には微妙なものもありますが、ご質問分を拝見するに

完全にアウトでしょう(事案としてはセクハラ)と推測されます。

昨今はパワハラも注目されていますが、実際の民事事件では

単純に慰謝料の額を比較しても明らかにセクハラの方が高額になっています。

それだけ被害者の方の精神的苦痛が大きいということでしょう。

 

しかし、おっしゃるように実際に「セクハラ」があったとしても

それが事実であることを証明するのは質問者様の方になります。

もしくは、明確な証拠から確定するのは難しいが、おそらくセクハラがあったであろう事を

証明できれば良いと思います。

ご質問分のような事実があったこと、または、あったと推測されることを主張されて

困るのは明らかに相手方の方です。

私も仕事柄セクハラの相談を受けることがありますが、加害者とされる方が

平気な顔をしている例は見たことがなく、どなたも、事実でないとは言いますが

加害者と疑われているだけで、かなりうろたえ顔面蒼白です。

(ただし、実際に性的な暴行を受けたなどの刑事事件にまで発展した例は残念ながら

経験はありません、その場合は明らかに女性は問題にしにくいとは思っています)

 

2月ころと具体的に覚えていらっしゃるということは、記憶が比較的はっきりとしているのだと

思われますから、まずは、手帳で構いませんので、日時と場所を入れて時系列で

なるべく細かく(質問者様が辛くない程度で良いと思います)行われたことを記録として

整理しておきましょう。のちに重要な証拠となるはずです。メールなど来ていれば削除せず保存、同僚で証言できる方がいればさりげなく根回しです。(つねに密室なのであれば

難しいかもしれませんが)

 

セクハラは正直なところ主張の強さも関係すると思います。

質問者様が「これは明らかにセクハラ、出るところに出る気持ちがある」との主張を

変えなければ相手は追い詰められていくはずです。

どこで和解とするかは質問者様次第と思いますが(例えば、謝罪なのか、慰謝料なのか、

配置転換なのか) 念のため、紛争となって社内以外に社外の第三者の力も

必要となった時の場合の相談先もご案内させていただきます。

都道府県労働局に置かれている雇用均等室という部門です。

ここでは男女雇用機会均等法などを中心にセクハラの相談先にもなっています。

職員から会社への助言や指導の他、被害者と会社(労働局においては、加害者ではなく

あくまで加害者を野放しにしていた会社が相手方となる)において、今後の対応策の協議をして和解をしたりするための調停制度(被害者と会社の間に弁護士等の法律家を入れて

見解を聞きながら和解案=どのような対策をとって和解とするか を出してもらい和解をするというもので、無料で利用でき、非公開なのでプライバシーは守られる制度ですが、

和解にいたらなければ打ち切りになり強制力があるわけではありません。)も用意しています。

 

以上、強い記憶に基づく記録をもとに、強くブレない主張をすれば

相手はひるむと思われます。

少し長くなりましたが、ご参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

beallears-srをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問